家庭用脱毛器の種類と正しい効果的な使い方についてまとめてみました

今月のおすすめキャンペーン

※10カ月無料

月額1,490

月額6,800

※9カ月無料

月額7,500

家庭用脱毛器の種類には、電気カミソリのように剃るもの、抜くもののほかに脱毛サロンなどで使われている機械を家庭用に改良したものなどがあります。
抜いたり剃ったりするものは、水洗いできたり、持ち運びが出来たりしてとても気軽に使えるのが利点ですが、肌を痛めやすいために、冷却などの肌ケアをしっかりすることをお勧めします。

先に述べたように、最近ではサロンでも使われるタイプの機器を家庭用に縮小したタイプのものに大変人気があります。
その家庭用脱毛器を大きく分類するとフラッシュ方式、レーザー方式、サーミコン方式などがあり、それぞれの特徴があります。

フラッシュ方式の脱毛って?

フラッシュ方式は、一番新しい脱毛方式で、毛根に光のエネルギーでダメージを与え、脱毛処理をします。
照射する面積も広いため時間も短く済みますし、痛みも少ないといわれ、全身脱毛も可能な機種もありますから、大変人気があります。

インテンスパルスライトという光エネルギーを使った方式でカメラのフラッシュのように照射します。
光は肌を傷めず毛根に働きダメージを与えます。
レーザーよりは肌に優しいのですが、自分の肌質に合った光の段階を機器で調節して選ぶことが大切です。
然程、難しいコツはいらず、同じ個所を照射しなければ大丈夫です。
代表的な物に㈱エイテック「ケノン」があります。

レーザー方式の脱毛って?

レーザー方式は、古くから使われている方式で、レーザーを皮膚に照射し、毛根にダメージを与えます。

フラッシュ脱毛に比べると、照射面積は狭く、その分時間はかかってしまいますが、集中してムダ毛を破壊するので高い脱毛効果を実現します。
早く効果を実感したい方にはおすすめです。

レーザー方式ではどのような仕組みで脱毛するかというと、メラニン色素等の黒色・茶色に反応し毛根にダメージを与えます。
脱毛効果が高いため、主にエステサロンや医療用に使われています。
レーザーは皮膚に照射した際、威力も強いため脱毛効果はあるものの、ホクロやシミにも反応してしまったり、日焼けした肌に反応したりするため色黒な方には不向きです。
効果が高い分、肌にもリスクが高いのですが、安全性を考え家庭用のものは若干威力を弱めています。
それでも使用する際は同じ個所には連続して照射しないよう十分に注意しましょう。
火傷の原因となります。

サーミコン方式の脱毛って?

サーミコン方式は、熱線により熱エネルギーを発生させて、ムダ毛をカットする方法です。
熱処理で毛先を丸くするのでカミソリで剃った後のようなチクチク感はありません。
どちらかというと除毛に近い処理方法です。

これはサーミコン(熱線)によって熱エネルギーを発生させ、ムダ毛を熱処理してカットする方法です。
熱は毛に反応しますが、直接肌には触れないようになっているので、肌に優しく火傷の心配はないでしょう。
皮膚の上で、一点に留まらない程度にゆっくりすべらせ、逆毛をすくうように動かすのがコツです。
ただ、サーミコン方式は毛根にダメージを与えるのではなく、言わば「毛を抜く」というより「カット」という方式です。
なので、徐々に薄毛になっていき長期間で効果がでるというものです。
代表的な物にヤーマン(株)の「no!no!ヘア」があります。

家庭用脱毛器の種類まとめ

どの脱毛方法にも共通して言えるのは、使い方は簡単で、特別な技術は必要ないということです。

脱毛器の上手な使い方としては、ムダ毛の気になる部分に機器をあてて照射します。
早く効果を実感したいからといって同じ個所に何度もあてても効果は変わりませんし、コストがかかってしまいますので、順序(上から下へ、右から左へなど)を決めて行うのもよいでしょう。

毛には毛周期と呼ばれる毛が生え変わるサイクルがあります。
毛がどんどん成長する成長期、成長が止まる退行期、毛が抜け落ち次の成長までの休止期を繰り返します。
このサイクルから、今表皮上に出ている毛の量は全体の3分の1といわれていますので、脱毛器の使用頻度は毎日より間隔をあけて成長期の毛を狙うほうが効率的な使い方といえるでしょう。
この、成長期のムダ毛にダメージを与え続けることにより、だんだんと毛が薄くなり、生え変わるサイクルも遅くなって数回後には自己処理がほとんどいらないツルツルの肌が手に入るのです。

これら家庭用脱毛器での共通に言えることは処理後のケアの重要性です。
処理を終えたらアイシングがすぐに出来るよう冷たいタオルや保冷剤を事前に用意しておきましょう。

家庭用脱毛器も日々進化し、色々な種類の製品がありますので、自分の目的に合った製品を選んで自己処理してみてはいかがでしょうか。

関連記事

no image

家庭用脱毛器エピナード(EPiNAD)の値段、特徴を詳しく紹介

初回価格≪スーパープライス!!≫ 2回目以降価格 美顔カートリッジ価格

記事を読む

no image

脱毛器って顔にも使える?

脱毛器が使える部位と使えない部位 サロンに通わずに手軽に脱毛できることから、最近家庭用脱毛器が人気

記事を読む

no image

家庭用脱毛器hikari epi(ヒカリエピ)の値段、特徴を詳しく紹介

本体価格 カートリッジ価格 送料 37,800円 4,800円

記事を読む

フラッシュ脱毛器 比較

5種の人気フラッシュ脱毛器を比較!

家庭内で使用できる脱毛器は、昨今人気も高く、種類が豊富に出ています。 脱毛サロンでは回数が決め

記事を読む

脱毛器 使用頻度

脱毛器の使用頻度はどの程度がよい?

脱毛器の使用頻度はどの程度がよい? 脱毛器は自宅で気軽に脱毛できるというメリットを持っています

記事を読む

PAGE TOP ↑