ミュゼキャンペーン

【ムダ毛処理方法】カミソリで剃る自己処理メリット/デメリット

おすすめ全身脱毛サロン
銀座カラー 月額6,800円 詳細
C3 月額7,500円 詳細

キレイモ 月額9,500円 詳細

ムダ毛の処理方法として、いちばん利用されているのがカミソリ。

このカミソリを使うことののメリット/デメリットを紹介します。

カミソリでムダ毛を剃るメリット

カミソリは、安くて手軽に使えるのが何よりのメリットです。

ドラッグストアやコンビニなど、身近な場所で手に入れることができるので、思い立った時にでもすぐに購入することができます。

ジレットやシックのカミソリなどは、テレビのCMでもよく見かけ、知名度が高いので安心感もありますよね。

カミソリの種類にもいくつかあり、首から下によく使われるのがT時型のカミソリです。刃を肌に当て、T字の垂直方向に滑らすもの。

それに対し、ナイフのように横向きに刃がついている歯ブラシのような形をしたカミソリは、顔や細かい部分のムダ毛シェービングに使用されます。

近頃は、かみそりの刃の数も、2枚刃から5枚刃までどんどん改良が重ねられ、なんと海外で争って開発が行われているのです。(将来的には10枚刃なんて生まれたりして・・・)

カミソリの刃が増えると、刃による肌へのダメージが分散され傷みが少なくなるという原理のようです。

このように、カミソリは最近、より安全性の高い&よりダメージの少ないものへと進化していってるので、かつて以上に安心して使用できるようになっているようです。

カミソリでムダ毛を剃るデメリット

安心安全だといっても、やはりかみそりは刃物なので、その使用方法には十分注意や配慮が必要です。

自分で使用する時に注意しなくてはいけないのは言うまでもありませんね。カミソリを使用していてついウッカリ思っても見ない方向に刃が滑ってしまい肌を傷つけてしまったことは一度や二度はあるでしょう。 しかも、これはかなり傷みが残るケースが多く、いつまでもいつまでもヒリヒリ痛みが続くという経験をしたことのある方は少なくないはずです。

カミソリを使っていて注意しなくてはいけないのは自分だけではありません。小さなお子さんがいらっしゃる方は特に注意をしなくてはいけません!

赤ちゃんや小さなお子さんのいる場所でカミソリを使うと、子供は興味を示すはずです。もし、自分がいない間に見よう見まねでカミソリを触って使おうとするなんてことが起こったら・・・と考えるとゾッとしません?

刃物の扱いだけではありません。

いつまでも同じ剃刀を使い続けている方はいませんか?剃刀で肌を剃ると、毛が逸れるだけではありません。肌の表面にある角質なども一緒に削り取ってしまうので、刃と刃の間には汚れが溜まりがち。それを放置したままでいるとバイ菌が溜まっていき、その刃で肌を傷つけてしまうと・・・とても不衛生ですね。

ですから、剃刀を清潔に保つことは非常に大切ですし、こまめに新しい物に買い替えるようにすることをおすすめします。

また剃るという処理方法ではまたすぐにムダ毛が生えてきてしまいますね。
毎日お手入れするのは面倒ですし、何度も剃り続けるとお肌にも良くありません。埋没毛の原因にもなります。

カミソリの自己処理よりお金はかかってしまいますが、脱毛サロンに通って脱毛すれば自己処理も楽になりますよ♪サロンへ通うことに悩んでしまう原因がお金という方にはエピカワはミュゼをおススメします。ミュゼはたったの100円で脱毛したい放題です!100円ならお手頃の価格ですよね。皆さん、自己処理のことで悩んでいないで、この機会にサロンに通ってみませんか?

ミュゼ3月

→脱毛サロン価格ランキング

関連記事

p474 アイキャッチ

女性なのに毛深い原因。今すぐできる解決策から効果的なものまで!

「女なのになんでこんなに毛深いの…?」 世の中の女性の共通の悩みがムダ毛です。中には剛毛で悩んでい

記事を読む

ムダ毛処理 同棲中

ムダ毛処理を同棲中の彼氏に見られたくない、どうすればいい?

銀座カラーは脱毛通い放題 彼氏と同棲中の人って、どうやってムダ毛処理してる?

記事を読む

ムダ毛処理 いくら

30名の女性にアンケート!「現在、ムダ毛処理に月いくらくらいかけていますか?」

一般世論を集めてみました!シリーズ。 今回は「現在ムダ毛処理に月いくらくらいかけていますか?ムダ毛

記事を読む

no image

面倒くさいムダ毛処理、世の中の女性はどう思ってる?

女性のムダ毛処理の不満ベスト5 女性のムダ毛処理に関する意識調査によると、ムダ毛処理について満足し

記事を読む

自己処理 毛抜き

【毛抜き脱毛】自己処理の肌への影響・デメリットは?

自己処理には、カミソリや毛抜き、脱毛クリーム、家庭用脱毛器などといった方法があります。特に毛抜きでの

記事を読む

PAGE TOP ↑