前日に飲酒してアルコールを摂取しても、脱毛サロンでの施術は可能?

脱毛 飲酒
今月のおすすめキャンペーン

※10カ月無料

月額1,490

月額6,800

※9カ月無料

月額7,500

お酒を飲んでても、脱毛ってできるの?

フラッシュ脱毛、レーザー脱毛どちらにおいても施術前の飲酒は厳禁とされていて、脱毛する際にお酒を飲んだ状態の場合、基本的に脱毛の施術はできないことになります。お酒を飲むと血行が良くなり、体温が上がってかゆみなどを感じやすくなります。

他にも脱毛を行う際に注意しなければならない点がいくつかあります。
例えば、フラッシュ脱毛の施術を受ける場合は、
日焼けをするのは厳禁。
施術前の毛抜きやワックスでの自己処理をすると効果が十分に得られないことから、控えなければなりません。
インフルエンザなどの予防接種後、1週間程度は施術を受けることができません。
・脱毛当日に施術箇所にクリームやオイルを塗っていく

また、事前の自己処理方法についてサロンによく確認することも大切です。
施術前に自分で脱毛箇所の処理をしておく必要がありますが、カミソリでの自己処理の場合は、2、3日前に済ませておきます。
事前処理を忘れていくと、脱毛してくれないサロンが主流ですので、充分注意して下さい。

アルコールとお肌の関係

脱毛サロンに通っていると飲酒について聞かれることがありますが、これは施術当日や前日にアルコールを摂取していると、血流がよくなり体温が高まって、肌トラブルにつながる可能性が高くなる為す。アルコールを摂取すると血行が促進され肌が敏感になり、普段は何ともないちょっとした刺激でも湿疹などがでることもあります。また、過度の飲酒は体の水分を減少させる作用もありますが、水分の少ない肌の状態ではかゆみなどが悪化してしまう可能性もあります。血行が良い状態や体温が上昇している状態が続き、脱毛した箇所が十分に沈静化されないことでかゆみや赤みがなかなか治らないこともあるようです。

脱毛方法によってはやけどしやすくなるなど、アルコールは肌へのトラブルを招く大きな要因となります。サロンのなかには、契約時での説明だけではなく会員カードにも飲酒した方への施術はできないと注意事項として明記しています。

前日の飲酒も控えましょう

脱毛の施術にマイナスの影響を与える飲酒は、施術をする前日も厳禁です。なぜ前日の飲酒を控えなければならないのかというと、前日に飲酒して当日までアルコールが残っているケースもあるからです。飲酒後12時間は通常の体温に戻らないと言われてり、そのため、前日は飲酒を控え、体温の上昇を防ぐ必要があるのです。体温が落ち着かない場合、体温が高いまま施術を受けると通常の場合よりも施術後の赤みやかゆみ、腫れなどを引き起こす可能が高くなります。

脱毛施術によるトラブルを避けるためにも、当日だけではなく前日の飲酒も控えることをおすすめします。次の日に脱毛の予約が入っている日は飲酒は避けましょう。もし飲酒してしまった場合は、早めにキャンセルの連絡をしましょう。

関連記事

脱毛 病院

脱毛するなら脱毛サロン?それとも病院?13人に聞いた理由

脱毛を、病院(クリニック)で受けようかと考えているのですか? ちょっと待ってください。本当にそ

記事を読む

no image

脱毛サロンのキャンペーンだけで脱毛って終わるの?

はたして低価格のキャンペーンは、本当にお得に脱毛できるのか? 最後まで脱毛

記事を読む

no image

社会人必見!職業別脱毛部位のススメ!!

あなたの職業、ツルスベ肌はマナー?義務?それともスキル? 北海道札幌のサロンでは、新たに始めた

記事を読む

no image

失敗しない全身脱毛!極意は口コミにあり

買い物をするときや何かを選ぶとき、ネットで調べものをする人は多いはず。 特に口コミは頼りになる情報

記事を読む

no image

【脱毛サロンのキャンセル】当日・前日・無断 キャンセル料がかかる場合は?

脱毛サロンに通う際には最初の契約時に様々な説明がされますが、キャンセルに関して詳しい説明

記事を読む

PAGE TOP ↑