【脱毛サロンのキャンセル】当日・前日・無断 キャンセル料がかかる場合は?

今月のおすすめキャンペーン

※初月無料

月額9,500

※11カ月無料

月額1,490

※9カ月無料

月額7,500

脱毛サロンに通う際には最初の契約時に様々な説明がされますが、キャンセルに関して詳しい説明がない場合はトラブルを避けるためにもキャンセル方法やキャンセル料、代替日の有無などに関してしっかりと確認しておく必要があります。また、キャンセルは何日前までにしておくと良いかなどについても聞いておく事も大切です。特に連絡なしに無断でキャンセルするとサロン側への迷惑になってしまうだけでなく、チケット制の場合などは、1回分の施術を受けた扱いになるケースもあるようです。

予約時間に遅れる時はあらかじめ電話などで連絡しておくと、キャンセル扱いにならないですむこともあります。しかし、予約時間から10分以上が過ぎると自動でキャンセル扱いになったり、施術時間が短縮されたりする場合もあります。サロンに通う際には、マナーを守って迷惑がかからないようにしたいものです。

脱毛サロンのキャンセル方法

予約した日にどうしても抜けられない用事ができた、当日急に体調を崩してしまったなどでサロンへ行けなくなった時には、電話でキャンセルするのが一般的です。ただ最近では直接電話をしなくてもパソコンやスマートフォンなどを利用してインターネットで予約やキャンセル、変更が簡単にできるサロンも増えています。電話でのキャンセルの場合、受付時間が限られていますので、営業時間が終了してしまえば電話がつながらないなどということもあります。

インターネットから24時間いつでもキャンセルや予約が可能なサロンもありますので、日中忙しくてサロンの営業時間中に電話ができない方でも空いた時間にキャンセルすることができます。

キャンセルはできるだけ避けましょう

予約をキャンセルすると、キャンセル料がかかる場合もあります。特に当日キャンセルの場合にキャンセル料がかかることが多いようですが、基本的には予約日の3日ほど前までにキャンセルをしておくとキャンセル料が発生しないサロンがほとんどです。

キャンセルはサロン側への迷惑にもなり、自分も損してしまうことになるので、できるだけ避けたいものです。特にキャンセル料がかかることが多い前日や当日のキャンセルは避けるべきと言えます。

人気のあるサロンでは予約がなかなか取れない場合があるので、せっかく取れた予約もキャンセルをしてしまっては、また予約が取りにくくなり時間的にも損をしてしまうことがあります。しっかりスケジュール管理をしてキャンセルしない、どうしてもキャンセルする場合は出来るだけ早くサロンへ連絡することが重要です。

関連記事

no image

敏感肌に向いている脱毛方法って何?自己処理?脱毛器?脱毛サロン?

花粉症による肌荒れ、冬の乾燥など、女性にとって敏感肌は大きな悩みです。 なかには、「敏感肌が気にな

記事を読む

脱毛サロンの都度払いは得?医療クリニックにもお問い合わせしてみた!

脱毛サロンって様々なプランがありますよね。それにともなって支払いの仕方もさまざま。「高額なプランの契

記事を読む

ブライダル脱毛

ブライダル脱毛でキレイな背中にしたい!直前でも間に合うおすすめ脱毛サロン

結婚式それは、人生で一度きりのかけがえのない大切な時間。時間をかけてパートナーとともに作

記事を読む

不妊治療中 脱毛

不妊治療中に、デリケートゾーンの脱毛って悪影響?

よく不妊の治療中に脱毛は施術可能なのか?悪影響はないのか?という疑問を持つ人がいます。 これは結論

記事を読む

脱毛 飲酒

前日に飲酒してアルコールを摂取しても、脱毛サロンでの施術は可能?

お酒を飲んでても、脱毛ってできるの? フラッシュ脱毛、レーザー脱毛どちらにおいても施術前の飲酒は厳

記事を読む

PAGE TOP ↑