ミュゼキャンペーン

エピカワがオススメする家庭用脱毛器 ~選べる4タイプ~

家庭用脱毛器
おすすめ全身脱毛サロン
銀座カラー 月額6,800円 詳細
C3 月額7,500円 詳細

キレイモ 月額9,500円 詳細

人気のメーカーを紹介しています♪
こちらのページでは、家庭用脱毛器を一覧で紹介しています。
脱毛サロンは予約が面倒だったり、キャンセルすると気がわずらわしかったり・・・
家庭用脱毛器、脱毛サロンと同様の機能を持っていて、自宅でラクラク脱毛ができるのが特徴。
価格は脱毛サロンのキャンペーン価格よりも高めですが、いつでも好きなときに脱毛ができるので後悔しません。
⇒脱毛器比較ページはコチラ
「人気のフラッシュ脱毛器を比較。売れ筋オススメNO.1の脱毛器はコレ!」

家庭用脱毛器一覧

◎ヒカリエピ(hikari-epi) オススメ

ヒカリエピ(hikari-epi)

業務用美容機メーカーが本気で作った家庭用脱毛器!
美容効果があり、3段階出力で部位によって使い分けが可能。安全機能も搭載☆

・本体価格 37,600円
・カートリッジ価格 4,800円

公式ページはこちら

脱毛器の詳細

=============================================

◎エピナード(EPiNAD) ★NEW★

エピナード(EPiNAD)

全額返金保証あり!
美顔機能も搭載。男性も使用OK。アフターケアに使える美容ジェルもセットなので、お肌のケアもバッチリ☆
定期お届けタイプで分割払いなので、一度に大きな金額を用意する必要がありません。

・初回価格 9,800円
・2回目以降価格7,000円

公式ページはこちら

脱毛器の詳細

=============================================

◎ケノン(KE-NON)

ケノン(KE-NON)

@cosme(アットコスメ)で口コミランキング1位受賞の大人気商品。
脱毛だけでなく美顔器としても利用できます。

・本体価格 98,000円
・カートリッジ価格 7,700円

公式ページはこちら

脱毛器の詳細

=============================================

◎イーモリジュ

イーモリジュ

ケノンの旧型。
見た目も重さもとてもコンパクト♪
男女どちらも使用可能!
日本製。

・本体価格 89,000円
・カートリッジ価格 8,400円

公式ページはこちら

脱毛器の詳細

==========================================

脱毛エステサロンにする?脱毛器にする?

家庭用脱毛器と脱毛サロンはそれぞれいい点と悪い点があり、どちらにしようか迷っている方は多いのではないでしょうか。
家庭用脱毛器は、習い事などがなかなか続けられない方におすすめです。脱毛サロンは一般的に、2~3ヶ月に1度通うもので、全身脱毛を契約している方だともっと通う頻度が増えることもあります。ですから、「きっと通わなくなるだろうな・・・」と思う方は、家庭用脱毛器もチェックしてみるといいですよ。
一方、脱毛サロンは、美容院やネイルサロンに通うのが好きな方におすすめです。脱毛サロンは、ほとんどが女性専用で、店内の装飾やBGMなど落ち着いてリラックスできる空間になっています。体をエステティシャンにあずけて、癒し気分を味わいながら脱毛をしたい方は、脱毛サロンをチェックしてみましょう。

家庭用脱毛器の消耗品

多くの家庭用脱毛器には、寿命がくると買い替えが必要な部品があります。
例えば、ケノンやラヴィに必要な消耗品は『脱毛用カートリッジ』や『美顔器用カートリッジ』です。これらの寿命単位は、ショット数です。ある一定のショット数を使い切ると、新しいカートリッジに取り替えなくてはいけないので、購入の際にはカートリッジの寿命ショット数(例:ケノンの寿命ショット数は最高約50,000発)やカートリッジの価格もチェックしましょう。

脱毛器と毛抜き器は異なります!

『脱毛器』と言うと、よく『毛抜き器』と混合してしまいがちなようです。家電量販店でよく見かけますブラウンやパナソニックのソイエは毛抜き器という種類で、その名のとおり毛を抜くための機械です。つまり、ピンセットでムダ毛を1本1本抜くよりも機械で一気に抜いてしまった方が効率がよくなります。
一方、脱毛器の方は、ただムダ毛を抜くための機械ではありません。少し難しい話になってしまいますが、IPL方式と呼ばれる方式を利用した脱毛器について紹介します。(IPL方式を採用した脱毛器は、多くの脱毛サロンでも使用されています。)
IPL方式の脱毛器からはある一定範囲の波長を持った光が発せられます。この光は、黒いもの(例えばムダ毛)に当てられると熱エネルギーに変化する性質があります。そうすると、黒いものであるムダ毛に熱が伝わりダメージを与えることができるのです。ですから、脱毛器も毛抜き器もムダ毛処理の機械であることに変わりはないのですが、その方法が全く異なるんですね。

関連記事

no image

家庭用脱毛器hikari epi(ヒカリエピ)の値段、特徴を詳しく紹介

本体価格 カートリッジ価格 送料 37,800円 4,800円

記事を読む

no image

家庭用脱毛器の種類と正しい効果的な使い方についてまとめてみました

家庭用脱毛器の種類には、電気カミソリのように剃るもの、抜くもののほかに脱毛サロンなどで使われてい

記事を読む

p503 アイキャッチ

危険or安全?気になる脱毛器の安全性

脱毛器の安全性はどの程度なのか 脱毛器にはフラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器、サーミコン脱毛器などが

記事を読む

フラッシュ脱毛器 比較

5種の人気フラッシュ脱毛器を比較!

家庭内で使用できる脱毛器は、昨今人気も高く、種類が豊富に出ています。 脱毛サロンでは回数が決め

記事を読む

脱毛器 体験談

【脱毛器の体験談】15人に聞いた、リアルな経験談

家庭用の脱毛器を購入しようか迷ってるアナタ、ちょっと待って。 今回、実際に脱毛器を使用したこと

記事を読む

PAGE TOP ↑