30名の女性にアンケート!「大学在学中に脱毛サロンで脱毛するとしたら親に相談しますか?」

今月のおすすめキャンペーン

※初月無料

月額9,500

※11カ月無料

月額1,490

※9カ月無料

月額7,500

一般世論を集めてみました!シリーズ。
女子大生30名に「大学在学中に脱毛サロンで脱毛するとしたら親に相談しますか?」と質問してみました。まずはその結果をみてみましょう。

アンケート結果

p445グラフ

予想通りというべきでしょうか。親に「相談しない」と答えた方が半数以上という結果になりました。しかし、「相談する」と答えた方も少ないわけではありません。興味深いですね。
それでは両者の実際の意見をみていきましょう。まずは多数派である「相談しない派」から。

親に相談しない!派の意見

p445 画像2

 親は脱毛に経験がないから相談しても意味がない

もし親のお金で脱毛するなら相談すると思いますが、自分でアルバイトなどで貯めたお金なら、特に相談しないで勝手に脱毛サロンに行くと思います。私は特に親に迷惑をかけたくないので自分のお金で行くつもりです。
それに、私の母は脱毛サロンに行ったことがないので、相談しても具体的なアドバイスができるとは思えないからです。また、大学生は自分の責任で判断することもできるので、自分が納得しているなら逐一許可を取らなくても良いと考えています。

 自分の稼いだお金で通うので親に相談する必要はない

相談というか、「脱毛しようと思うんだけど」と伝えるくらいだと思います。わざわざ「脱毛してもいい?」とは聞かないです。大学生だったら自分のお金で脱毛サロンに通うので、親に相談する必要もないと思います。
また、自分の親は考え方が古く、「脱毛なんてしなくていいの」と言われてしまうのも目に見えています。まとめると、大学在学中で20歳をこえているならば、親に相談する必要はないと思います。

 節度を持って利用するのなら親に相談する必要なし

相談はしないです。母がサロンなどを利用しない人なので、相談してもいいサロンを紹介して貰える訳でもないですし、大学生だと自分の判断で行動する年齢だと思うので、親にわざわざ相談する必要もないのかなと思います。
また、使い込みでもしない限りは、サロンの料金に関しても何十万とするような高額なものでもなく、大学生が頑張ってバイトなどでまかなえる料金です。節度を持って利用するのであれば相談するまでもないと思います。

 脱毛するかどうかは本人の自由

脱毛サロンに行くとしたら、親には相談はしません。なぜならわざわざ親に言う必要が無いと思うからです。
高校生であれば言うかもしれませんが、大学生なら脱毛するかどうかは本人の自由だと思います。
また、脱毛サロンに行く場合には自分でバイト代を貯めてお金を出すので、金銭面でも親に負担をかけることはありません。
ですので親元を離れて一人暮らししていたとしても、実家で親と一緒に住んでいたとしても、脱毛のことを相談することはないと思います。

 アルバイトで稼いだお金なら、親に相談する必要ない

相談しません。
私は、そこまで両親にあけっぴろげに何もかも話すタイプではなかったですし、相談するのが恥ずかしかったというのも理由にあります。
また、全身脱毛などでなければ、そこまで大きな金額は必要にならないでしょうし。アルバイトで稼いだ金額内であれば、親に相談する必要もないのかなと考えます。

「相談しない派」の意見をみると、「お金は自分でなんとかできるから、親に相談する必要はない」という意見が多くみられます。自立しているから親の力はいらないということでしょうか。
とはいっても、大学生が脱毛にかかるお金をすべて自分で出すのは結構厳しいものです。アルバイトを増やしたりする必要もあるでしょう。
そこでおすすめするのが脱毛サロン「銀座カラー」です。全身33ヶ所を脱毛できます。高額になりがちな全身脱毛ですがこのコースならば、たったの月額9900円です!
お財布の負担を極力おさえて満足度の高い脱毛をしたいならば銀座カラーが断然お得です。
VIO脱毛 銀座カラー

親に相談する!派の意見

p445 画像1

 親に相談して費用も借りた

出来れば私はムダ毛の処理を学生時代のうちに済ませてしまいたいと考えていました。でも、学生がお金を持っているわけが無くバイトをしていたけれど限界がありました。
大学を出て働き始めたら、親に少しずつ返していければいいかなと思い切って親に相談をしてみました。
元々腕毛にかんして相談はしなければと思っていて、費用についても話してみました。その結果、肌を傷つけるわけではないしきれいになるのなら、いいんじゃないかとOKをもらいました。
そして大学在学中に、ムダ毛を全てきれいに処理を済ませることが出来ました。

 トラブルもありえるので親に相談する

一応親に相談すると思います。
最近は、脱毛も安価で受けられますから、親に費用を出してもらわなくても脱毛することは大学生でも可能ですし、きちんとしたサロンを利用すれば高額な請求をされたり、肌にトラブルが起きたりするということも、まずないでしょう。ですが、トラブルが絶対に起きないという保証もありません。そのため、契約にあたっては、とりあえず親に相談したいと思います。

 親の庇護下にある大学生のうちは、相談するべき

親に一応相談します。
なぜなら、大学在学中ということは、成人していたとしても、まだ親の庇護下にあるからです。私の家はあまり厳しくはなかったので、相談をすれば許してもらえるという前提があったからかもしれません。しかし、もし仮に親が反対をしたとしても説得をすればいいし、説得を出来なかったのであれば、社会人になって自分で自分を養っていけるようになってから脱毛すればいいと思うのです。
脱毛は時間がかかるため、早くやりたい気持ちもありますが、他の面で親の世話になっている以上、自由がある程度制限されていたとしても仕方がないです。

 母親とは仲が良いし、お金の面もあるので相談したい

父親には脱毛の話をすることはまずないし、絶対に相談しないですが、母親にはすると思います。母親とはとても仲がよく、今まで恋愛やファッションなど様々なことについて相談してきました。
特に脱毛サロンで脱毛というと、お値段的にも決して安いものではありません。これだけのお金を使って脱毛をすることについて、人生の大先輩である母親に自分の判断が間違っていないかについての判断を仰ぎたいです。もしかしたら母親が応援してくれた場合、少し援助してもらえるかな、というのも少しあります。

 できれば親と一緒に脱毛サロンに通いたい

母は脱毛に詳しいので相談します。いいサロンを紹介してくれると思うし、自分の脱毛失敗の経験を話してくれたことがあるので、できれば一緒に通いたいです。
また、バイトだけで費用が払えるかも不安なので、金銭的なことも相談にのってもらいたいですし、サロン選びは自分でするより母に任せたほうが安心なんです。いつも「美容は大切。体は一つで交換できないから大切にしなさい」と言っていたので、喜んでくれると思います。

「相談する派」に共通しているのは「脱毛への不安」であるように思えます。特に費用の問題、トラブルの発生が多いようですね。意見の中にもあるように、大学生はまだ親の庇護の下にあると言っていいでしょう。
そんな中で親に相談するという選択肢は、金銭的な援助も含めて様々なメリットがあるといえます。とはいえ、説得するのが大変というのも事実。そんな時も「銀座カラー」が力になるでしょう。満足度の高さは安全性の高さ。口コミ紹介率は6割以上で安心感を実感できます。銀座カラーのHPを親と一緒にチェックしてみてもいいかも。
VIO脱毛 銀座カラー

関連記事

no image

クリニックで「医療脱毛」をする前に知っておきたいこと

プロに脱毛してもらう場合、まず脱毛サロンかクリニック(医療機関)のどちらかを選ばなければなりません。

記事を読む

オススメの脱毛商品、クリニックは?サロン経営者Meiの一問一答 

女性なら誰しも憧れるツルツル・スベスベ素肌。「脱毛に良い方法はないの?」といろんなサイトを調べても、

記事を読む

PAGE TOP ↑