増え続ける埋没毛…その自己処理大丈夫?

埋没毛 自己処理
今月のおすすめキャンペーン

※10カ月無料

月額1,490

月額6,800

※9カ月無料

月額7,500

皮膚の下でニョキ!埋没毛って何?

埋没毛という言葉を耳にしたことのある方も多いと思います。本来いずれの体毛も毛穴から毛が伸びて表面に現れるのが正常な状態ですが、様々な理由で毛穴がふさがり、表面に出ることができないで毛穴の中に埋もれて成長してしまうことがあります。この埋もれてしまった毛のことを埋没毛といいます。

埋没毛は脇や足の付け根付近のビキニライン等の部位にできやすいようです。これには理由があって、埋没毛は皮膚が柔らかく弾力がない、皮膚が重なりあっていてしわになっている場所、太くて強い毛が生えている場所、生え出てきにくい箇所、毛の生える方向が一定でない場所等は埋没毛になりやすいと言われています。その他にも、とがった毛先の毛があると埋没毛になりやすいといわれています。

埋没毛となる要因に、除毛や脱毛処理があります。例えば、剃刀で皮膚に傷つけたり、毛抜きで毛を抜こうとして途中で切れてとがった形状で毛が残ってしまったりすると埋没毛になりやすくなるようです。

 

侮れない埋没毛。もしも埋もれ毛を見つけたら?

体の毛は一定の周期で毛が成長し、その後抜け落ちて、また再生するという繰り返しですが、埋没毛も同様に一定の期間を過ぎれば自然に抜け落ちてきれいな肌になることがほとんどです。

ただ、自然治癒せずに稀ではありますがそのまま放置すると様々なトラブルを発生させるリスクはあります。例えば、色素沈着や炎症をおこしたり、毛嚢炎という皮膚の病気を発病したりするケースもあります。

埋没毛になったからといて、無理にえぐったリ押し出したりする自己処理は厳禁で、跡が残ったり、細菌が入ってより深刻な皮膚トラブルを起こしたりする原因ともなります。埋没毛になってしまったらまずはカミソリや毛抜きで行っている脱毛を中止します。軽い埋没毛の場合は風呂上がりなどの皮膚が清潔で柔らかくなった状態のときにガーゼなどで軽くこすると古い角質が取れて埋没毛が解消することもあります。万が一傷つけた場合にはしっかりと消毒するようにします。

 

正しい処理で埋没毛を防ごう!

また、市販薬や医師に処方してもらった薬で、膚を柔らかくして治療するという方法もあります。もし、細菌などが入り炎症や化膿した場合は、皮膚科などがある医療施設で簡単な手術(患部を切開する)で治療するということもあります。その他には、レーザー脱毛を行うのも埋没毛には有効な治療法の一つです。

埋没毛の治療費や完治するまでの期間はその治療法によっても大きく異なってきます。例えば、細菌で化膿した埋没毛の治療をしたり薬を処方してもらったりした場合、保険が適用になる可能際が大ですのでコストも2~3千円、高くても数千円程度で済みます。但し、埋没毛をレーザー治療で行った場合は保険適用外で自由診療となりますので、病院によって格差がありますが数千円から数万円かかることもあるようです。完治するまでの期間も2~3ヶ月程度、場合によってはそれ以上かかることもあります。

埋没毛を防ぐために脱毛する際には、専門家のいるエステサロンや皮膚科などの医療機関を利用するのもおすすめしたい方法です。

関連記事

自己処理 毛抜き

【毛抜き脱毛】自己処理の肌への影響・デメリットは?

自己処理には、カミソリや毛抜き、脱毛クリーム、家庭用脱毛器などといった方法があります。特に毛抜きでの

記事を読む

no image

面倒くさいムダ毛処理、世の中の女性はどう思ってる?

女性のムダ毛処理の不満ベスト5 女性のムダ毛処理に関する意識調査によると、ムダ毛処理について満足し

記事を読む

ムダ毛処理 同棲中

ムダ毛処理を同棲中の彼氏に見られたくない、どうすればいい?

銀座カラーは脱毛通い放題 彼氏と同棲中の人って、どうやってムダ毛処理してる?

記事を読む

ムダ毛処理 いくら

30名の女性にアンケート!「現在、ムダ毛処理に月いくらくらいかけていますか?」

一般世論を集めてみました!シリーズ。 今回は「現在ムダ毛処理に月いくらくらいかけていますか?ムダ毛

記事を読む

ムダ毛 理由

そもそもムダ毛って何なの?存在する理由・役割は?

そもそもムダ毛って何なの? ムダ毛とは頭髪や眉毛など以外の、明確に役割を持った毛と異なりあまり

記事を読む

PAGE TOP ↑