ミュゼキャンペーン

知らなかったじゃ済まされない!?ムダ毛に悩む子供たち

おすすめ全身脱毛サロン
脱毛ラボ 月額2,235円※8カ月無料 詳細

銀座カラー 月額6,800円 詳細
C3 月額7,500円 詳細

大人より深刻?子供たちのムダ毛の悩み

今子供のムダ毛は、大人が思っている以上に深刻な悩みとなっています。小学校に入り他人と自分とを比較できる年齢になってくると、自分は他人よりも毛深いと感じたり、男友達や女友達に「毛深いね」とか「毛があるね」などと言われたりした何気ない一言が、本人にとってはとても傷付き落ち込んでしまうなんてことがあるようです。

ある通信教育・出版会社が行った小学生以上の子供を持つ親を対象に、子どものムダ毛処理についてアンケートデータによると、小学校1年生で、「とても気にしている」と「まあ気にしている」を含め25人に1人(約4%)の子供がムダ毛に対し、すでに気にしているようで、それが中学校1年生になると5人に1人(約22%)、高校生になると5人に2人(約40%)と年齢とともにムダ毛の悩みは増加しています。

毛深い事を気にし、親に相談する子供もいますが「気にしないで大丈夫だよ」とか、「子供のうちは肌がデリケートだから、ムダ毛処理はしない方がいいよ」と、軽く言いがちですが悩んでいる子供には通用しないようです。

 

子供の毛深さが引き起こす問題とは

自分のムダ毛に対し言われた子供は、体育やプールの時間に着替えるのが嫌になったり、スカートや半そでを着るのが嫌になったり、酷いといじめの原因に繋がったり、登校拒否になってしまうなんてこともあるようです。また毛深い事がコンプレックスになると、他人の目を気にし、消極的になってしまうこともあるようです。

思春期になると、異性を意識し始め自分の外観を気にし始めます。その時に毛深い事がコンプレックスになっていると、肌の露出を避けオシャレができなかったり、自分のムダ毛に対しどう思われるかを心配したり、ムダ毛に対し何か言われたなんてことがあると、異性への苦手意識を持つようになります。

子供の性格や周りの環境により、毛深い事を気にしないで過ごせる場合があります。もし子供がムダ毛に対し、気にしていないようでしたら、大人は気にしないのが一番です。ただし、子供が気にしている場合を除いてです。

 

毛が濃い我が子の為、親は何ができるのか

子供のムダ毛は遺伝ともいわれており、子供が気にしている事に悩んでいる母親も少なくないようです。家庭での脱毛では、子供でも安心して使える天然素材を使用した脱毛クリーム、脱毛ローション、脱毛ジェルなども人気のようです。カミソリや毛抜きなどで間違った処理をしてしまうと、デリケートな子供の肌に傷が付き赤くなったり、逆にどんどん毛が濃くなってきたり、毛抜きの場合は毛詰まりをしてしまうケースもあります。

その他の対処法として、子供向け脱毛コースを設定している脱毛サロンの利用があります。TBCプロデュースの脱毛サロン「エピレ」ではフラッシュ脱毛方法では7歳から(TBCでも同じコースあり)受けられます。また、「ディオーネ」では敏感な肌でも脱毛可能なハイパースキン脱毛方法で3歳から受けることが可能です。

安易に子供に脱毛を行うのではなく、まずはメンタルケアを充分行い、その後どのような対処・選択肢があるか子供と一緒に考えることも大切です。

「子ども脱毛」おすすめはディオーネの全身脱毛

ディオーネ 子供脱毛
ディオーネの「子ども脱毛」は安心のハイパースキン法で、お子様の肌にダメージを与えず脱毛をすることが可能です。また、痛みを感じにくいので小さなお子様でも気軽に通うことができます。
¥7,560で全身の気になる部位を脱毛できるので、とてもオススメのプランになっています。

関連記事

no image

顔脱毛の効果的な回数は?医療脱毛とサロンを徹底比較!

顔脱毛でサロンや医療機関を選ぶとき回数が気になりませんか?それによって費用がどう変わるのか、通う期間

記事を読む

芸能人 全身脱毛

【100人の芸能人やモデル】が全身脱毛している脱毛サロン

全身脱毛を考えている方の中には、有名人がおすすめしていたことや芸能人やモデルのような肌になりたい

記事を読む

ムダ毛 薄く

ムダ毛を薄くするなら、脱毛サロンが一番おすすめ

皆さん、ムダ毛を薄くしたいって思っていますよね? その希望は、叶います。しかも、かなりの低価格

記事を読む

no image

妊娠してママになった!脱毛どうする?

妊娠発覚!脱毛できる? 妊娠した際はサロンへは妊娠したことを伝え、コース期間中でも妊娠が発覚した場合

記事を読む

脱毛 回数

脱毛の回数、効果が出るのは何回?vioや全身など部位別に徹底解説

脱毛サロンに通う回数、脱毛が完了する回数は、どれくらいが一般的なのでしょう? 部位によって通う

記事を読む

PAGE TOP ↑