脱毛サロンの勧誘の上手な断り方

今月のおすすめキャンペーン

※10カ月無料

月額1,490

月額6,800

※9カ月無料

月額7,500

脱毛サロン、勧誘の実態

勧誘はしないと謳っている脱毛サロンでも、あからさまな勧誘ではないものの、一般的にコースの案内、紹介という形での勧誘は少なからずあるのが実態です。

その営業方法も強引なものではなく、オススメといった形での紹介のようですが、ただスタッフによっては、紹介だけのスタッフもいれば少し押しの強いスタッフもいます。実際に脱毛について話を聞くだけのつもりが、1時間以上しつこく勧誘されたという実例も数多く報告されています。

また、ワキの脱毛だけのつもりが、キャンペーン中の他の部位の脱毛を勧められ結局追加で契約することになったケースや、お試し脱毛のつもりが、化粧品なども勧められ結局様々な商品を購入してしまったなどといったケースも多々あるようです。

体験時、カウンセリング時に予防線をはろう!

脱毛サロンで強引な勧誘をされないためにも、まずは勧誘された際は「今は必要ありません」など強気ではっきりと断わることが肝心です。

親切に説明を受けても自分自身不要と思えば断っても構いません。キャンペーンなどで格安な施術を受けると、脈ありの客だと思われて、カウンセリングの際にはよりしつこく誘われる可能性は高いですが、即契約せずに時間をおいて、日を改めてから契約をすることをおすすめします。

またカウンセリング中にコースの説明や化粧品の説明があった際に、少しでも興味がある雰囲気がスタッフに伝われば、丁寧に説明が始まってしまい、話の途中で断わりづらくなってしまいます。サロン側では様々な方法で契約を結ぼうとしますので、事前に断る理由をいくつか準備するのもいいかと思います。

施術中施術後の勧誘はこうふりきる!

もし施術中に他の部位の脱毛を勧められたり、キャンペーン中などの紹介が始まった時は、施術の時間は大体10分程度なので相手の言っていることをはぐらかしたり、自分だけではなく親や夫などの承諾が必要な事、例えば「最初からワキだけの脱毛にする事に決めていた」など今後も勧誘されないような理由を伝えます。

また勧誘されるタイミングが1番多い施術後の場合は、着替えやトイレに行った時に携帯のアラームを大体施術が終わる頃にセットしておくなどし、「この後予定があるので」「友人が待ち合わせ場所に来たと連絡があったので」などと伝え、話を聞いている時間がないことを伝え帰るという方法もあります。

それでもしぶとく勧誘されたら?

勧誘された際「考えておきます」などの曖昧な断り方は厳禁で、明確に拒否します。あまりオススメしない断り方として、お金を理由にした断り方で、サロンによっては、お金を理由で断る客にどのように対応するかのマニュアルを準備しているところもあり、中には強引にローンを組ませようとするサロンも存在します。

万が一断われず契約してしまった場合クーリングオフで解約することは可能ですが、契約書の日付から8日以内で、契約金額が5万円以上、契約期間が1ヶ月以上という条件に該当する必要があります。

強引な勧誘によって高額な契約をしてしまった場合、1人で悩むのではなく、まずは専門家のいる消費者センターなどに相談することをおすすめします。

勧誘が少ないことで有名なのはミュゼ!

勧誘がないと多く口コミをいただいているのがテレビCMなどでおなじみのミュゼです!

ミュゼ3月

今月はワキ脱毛+Vラインが通い放題で300円という大変お得なキャンペーン中♪
気になる方はまず無料カウンセリングを申し込んでみると良いのではないでしょうか?
強引な勧誘もないので、やめようと思っても断ることが簡単です。

関連記事

no image

社会人必見!職業別脱毛部位のススメ!!

あなたの職業、ツルスベ肌はマナー?義務?それともスキル? 北海道札幌のサロンでは、新たに始めた

記事を読む

怒!恥ずかしいのをこらえたのに…乳輪とデリケートゾーンの脱毛がイマイチ甘いワケ

「脱毛サロンで恥ずかしいのをこらえて、乳輪まわりやデリケートゾーンの脱毛をお願いしたのに、イマイチ効

記事を読む

no image

全身脱毛の回数を知りたい!効果が出るのは何回目から?

全身脱毛を考える上で重要なサロンやクリニックに通う「回数」。 ツルツル肌になるためには一体何回サロ

記事を読む

脱毛 病院

脱毛するなら脱毛サロン?それとも病院?13人に聞いた理由

脱毛を、病院(クリニック)で受けようかと考えているのですか? ちょっと待ってください。本当にそ

記事を読む

no image

サロンで全身脱毛!部位ごと脱毛にはないメリットは?

銀座カラーで月額¥9,900で全身脱毛ができます。 今なら、期間限定で月額9,900円が先

記事を読む

PAGE TOP ↑