危険or安全?気になる脱毛器の安全性

今月のおすすめキャンペーン

※10カ月無料

月額1,490

月額6,800

※9カ月無料

月額7,500

脱毛器の安全性はどの程度なのか

脱毛器にはフラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器、サーミコン脱毛器などがありますが、それらの安全性はどうなのか気になるところかと思います。消費者生活センターによると、寄せられた相談のほとんどは「やけどした」や「効果がなかった」で、脱毛器使用時の光が目に当たると失明のおそれがあることから商品の危険性を示唆しています。取扱書に沿って正しく使用すればかなり安全性は高いのですが、注意事項を無視した使い方をするとトラブルを招く可能性は大です。

フラッシュ脱毛器は光のエネルギーを使った脱毛法で他の脱毛機器と比べ使用時の痛みが少ないのが特徴です。市販されているフラッシュ脱毛器の中には、日本製で、金属などが直接肌に触れないよう特殊静電式センサーが採用されていて、故障個所を自己診断するための超小型のコンピューターを内蔵した優れモノの商品もあります。

レーザー脱毛は医療機関での施術にも用いられる認知度の高い脱毛方法です。使用時に若干の痛みや熱さを感じる方もいるようですが、毛だけを集中的にレーザーで照射するので肌への負担が最小限で済みます。サーミコン脱毛器は熱したワイヤーを毛に当てて焼き切るものです。ほかの家庭用脱毛器と比べ安価で即効性があり、カミソリで処理するよりもきれいに脱毛処理することができます。

脱毛器を使わないほうがいい人

ほとんどの市販脱毛器は年齢制限について記載されていないようですが、小さなお子さんや高齢者、妊婦さんの使用はトラブルの恐れがありますので避けたほうがよさそうです。

ステロイド系の薬物を持続使用している方や糖尿および他疾患による皮膚異常症患者の方、光過敏症等の光に関する疾患をお持ちの方などは皮膚に異常をきたす恐れがありますので使用はおすすめできません。心臓ペースメーカーなど体内埋め込み式医用電子機器、人工心肺などの生命維持装置を使用している方などは、医用機器が誤作動を起こす恐れがあるようです。

脱毛専門サロンに通っている方は、脱毛器での自己処理はNGです。生理中に使用する際の注意書きは特に見られませんが、肌が敏感になっていたりする可能性があるので、肌トラブルが気になる方は生理中の使用は控えた方が無難なようです。脱毛器を男女兼用で使用しても問題はないので、家族でまたは彼氏と一緒に脱毛できます。

脱毛器を使う上でやってはいけないこと

目へのトラブルを防ぐため鼻から上は照射してはいけません。脱毛器を使用する場合にはサングラスなどで目の保護を忘れずに行うことが重要です。

やけどや水ぶくれを防ぐため日焼けした肌への照射や脱毛器使用後の日焼け、同一箇所への重複照射は避け安全に使用することが大事です。やけどの恐れがありますのでローションやオイルを塗ったままの照射はせず、商品を使用する前にスキンテストを行って問題がないか確認することも必要です。

お風呂場や湿気の多いところでの脱毛器の使用、保管は感電・故障の恐れがありますので避けるようにします。また、保管の際には小さなお子さんの手の届かないところに保管し、事故やトラブルを防ぐようすることも重要です。

関連記事

フラッシュ脱毛器 比較

5種の人気フラッシュ脱毛器を比較!

家庭内で使用できる脱毛器は、昨今人気も高く、種類が豊富に出ています。 脱毛サロンでは回数が決め

記事を読む

no image

家庭用脱毛器エピナード(EPiNAD)の値段、特徴を詳しく紹介

初回価格≪スーパープライス!!≫ 2回目以降価格 美顔カートリッジ価格

記事を読む

no image

家庭用脱毛器emoreju(イーモリジュ)の値段、特徴を詳しく紹介

家庭用脱毛器emoreju(イーモリジュ)の紹介 本体価格 カートリッジ価格 美顔

記事を読む

no image

家庭用脱毛器エピナード体験レポート

エピナードは、CMでも有名なパーソナルジムRIZAP(ライザップ)をプロデュースした健康コーポレ

記事を読む

no image

脱毛器って顔にも使える?

脱毛器が使える部位と使えない部位 サロンに通わずに手軽に脱毛できることから、最近家庭用脱毛器が人気

記事を読む

PAGE TOP ↑