ミュゼキャンペーン

脱毛サロンの契約時、押さえておきたい3つのポイント!

おすすめ全身脱毛サロン
脱毛ラボ 月額2,235円※8カ月無料 詳細

銀座カラー 月額6,800円 詳細
C3 月額7,500円 詳細

いよいよ脱毛サロンの契約!注意することは?

脱毛サロンで本契約をする際に注意したい3つのポイントがあります。まず、見積もりになります。脱毛サロンの見積は技術料金だけの記載しかない場合が多いのです。スキンケア料金や、用品代等がかかる場合もありますので、契約をする際は必ず「全て込での見積をお願いします。」と伝えることが肝心になります。

次に注意することは、自分が受ける脱毛コースには有効期限があるのか、チケット制ならそのチケットの有効期限もあるのかを確認する必要がります。妊娠が判り急に長期間通えなくなった時などに休止できるのか、また、中途解約や返金ができるかどうかも確認する必要があります。

最後にカード引き落としにした場合、1度も脱毛に行けなかった月も引き落とされることがありますので注意しなければなりません。自己都合だけでなく、混んでいて予約が取れない等サロン側の事情で施術を受けられないことも十分考えられますので、その際の支払の有無に関しても要チェックです。

脱毛サロンの契約を解消したい…どうしたら?

脱毛サロンの契約はクーリングオフで解消することができます。ただし期間があり、クーリングオフのできる期間は契約書面を交付された日を含め8日間です。例えば、月曜日に契約した場合は翌週の月曜日がクーリングオフ申請の締切日になります。

法律では、契約したサロンに書面で通知することで契約を解除できるとされています。クーリングオフの期間が過ぎてしまった場合は、中途解約も可能になります。中途解約はクーリングオフ期間(8日間)が過ぎた日から契約期間が終了するまでの間いつでも申し出ることができます。自己都合でクーリングオフの期間が過ぎた場合、全額返金されることはありませんが、一部は返金されます。

脱毛などはすぐに効果が出るものではないですから、一般的には1~2年間という有効期限やその間の最低施術保証回数等が定められているはずです。また、万が一サロン側が解約について同意しない場合には、消費者センターなどへ相談することをおすすめします。

脱毛サロンの契約取り消し、必要なものって?

クーリングオフの手続きは、自分でする場合と代行で行ってもらう場合があります。必要なものは内容証明書になります。自分でクーリングオフする場合、書面の作成はご自身で考案、作成し、郵便局の窓口へ行き発送してもらいます。

クーリングオフの契約解除書面は、はがきでも可能なようですが、書面を郵送する際は、発信した日付を証明できるように、内容証明郵便か、配達証明郵便にします。代行で行ってもらう場合は、行政書士事務所などに頼むことになりますが、コストは契約した金額により異なります。書面の作成や発送はすべて代行者が手続きをしてくれます。

クーリングオフの手続きを自分で行う場合と代行に依頼する場合を比較してみると、自分で手続きすることにより、コストを安く抑えることができるという利点があり、代行を利用すると、自身で書面の作成や郵送をすることなく解決できるという利点があります。また、代行の場合ですと、解除成立するまでしっかりサポートしてもらうことができます。

関連記事

永久脱毛 脱毛サロン

【脱毛サロン】永久脱毛は可能? 無制限コース

海外資料での脱毛に関する記述の中で、「多くの人は”permanent”という言葉が永久に

記事を読む

p376 アイキャッチ

脱毛サロンの都度払いは得?医療クリニックにもお問い合わせしてみた!

「脱毛=高い」というイメージがあると思います。各サロンごとにお得なキャンペーンを展開していま

記事を読む

脱毛サロン 永久脱毛

永久脱毛するなら「脱毛サロン?クリニック?」脱毛サロンの店長に聞いてみた

「永久脱毛」、それは世の女性の多くが、憧れるワード。 いわゆるクリニックや病院(美容外科・

記事を読む

薬 脱毛サロン

薬を服用中。脱毛サロンで施術はできる?

今お薬を服用しているあなた。どんな方でも脱毛で悩むのは当たり前です!まずはカウンセリングにて、スタッ

記事を読む

脱毛 飲酒

前日に飲酒してアルコールを摂取しても、脱毛サロンでの施術は可能?

お酒を飲んでても、脱毛ってできるの? フラッシュ脱毛、レーザー脱毛どちらにおいても施術前の飲酒は厳

記事を読む

PAGE TOP ↑