脱毛器のお手入れ方法

今月のおすすめキャンペーン

※10カ月無料

月額1,490

月額6,800

※9カ月無料

月額7,500

脱毛器に寿命はあるのか

脱毛器にはそのタイプによって数千円から購入できるものもあれば、数万円、商品によっては10万円以上するものもあります。特に高額な商品を購入する際には、どのくらいの寿命(耐用年数)があるのかはとても気になるかと思います。

それぞれの商品には1年の保証期間がありますが、これは無償で修理してくれる期間であって耐用年数ではありません。例えば、脱毛用電気シェーバーの場合、半年ごとに刃を交換すれば本体が故障しない限り新品同様の切れ味で何年でも使用可能です。

レーザー脱毛器やフラッシュ脱毛器では、寿命を照射回数で表示するのが一般的です。以前これらの脱毛器は光源が本体と一体化していて、1万回程度の照射で出力が大幅にダウンして使用ができなくなっていたようです。一体化の場合光源の寿命が即本体自体の寿命となっていました。しかし、最近ではカートリッジタイプの交換式の製品もあり、本体さえ故障しなければ光源を変えるだけで何年も使用可能です。ちなみに光源の寿命は製品によってかなり差があり、少ないもので750回、多いものでは5万回のものもあります。

脱毛器のお手入れ(メンテナンス)方法

せっかく購入した脱毛器ですから、出来るだけ長く使いたいと思うのは当然ですが、その為にはこまめな手入れが不可欠です。

例えば、サーミコンタイプの脱毛器の場合、サーミコンチップの装着部分の汚れを附属品のブラシや柔らかい布などできれいに取り除きます。ローラーに付着した毛や皮脂も丁寧に除去するようにします。

フラッシュ脱毛器の場合は、照射面が重要で何度も使用していると皮脂やほこりなどでフィルターが汚れてしまうことが多々あります。きれいな布や綿棒にアルコールなどを含ませて傷をつけないように汚れだけをふき取るようにします。

脱毛器を購入後に必要となる維持費として考えられるのは、替え刃やカートリッジの費用で、フラッシュ脱毛器やレーザー脱毛器のカートリッジの値段はメーカーによって多少の違いがありますが、4000円~9000円程度はするようです。あとは、手入れの際に使用するアルコールですがこれは数百円程度で購入できます。

脱毛器を処分したくなったら。

家庭脱毛器を購入したものの不要になったので処分したいけど、どのように処分したらいいのか分からないという方もいるようですが、もしまだ使用できる状態なら、脱毛に興味のある知人に譲るのもいいですし、フリーマーケットで売ったりリサイクルショップに購入してもらったりする方法もあります。

また、新しい脱毛器の購入を考えているのであれば、下取りをしてもらうこともおすすめです。脱毛器メーカーによっては以前まで使っていた脱毛器を送ると、下取り割引をしてくれて新たに購入する脱毛器を通常価格より安く購入することも出来ます。

もし、廃棄するのであれば廃棄方法について地元の役所に確認されることをおすすめします。地域によっては燃えるゴミとして処分できる場合もありますし、不燃物として処理しなければならないケースもあります。

関連記事

脱毛器 使用頻度

脱毛器の使用頻度はどの程度がよい?

脱毛器の使用頻度はどの程度がよい? 脱毛器は自宅で気軽に脱毛できるというメリットを持っています

記事を読む

no image

家庭用脱毛器エピナード体験レポート

エピナードは、CMでも有名なパーソナルジムRIZAP(ライザップ)をプロデュースした健康コーポレ

記事を読む

no image

家庭用脱毛器emoreju(イーモリジュ)の値段、特徴を詳しく紹介

家庭用脱毛器emoreju(イーモリジュ)の紹介 本体価格 カートリッジ価格 美顔

記事を読む

no image

家庭用脱毛器KE-NON(ケノン)の値段、特徴を詳しく紹介

本体価格 カートリッジ価格 美顔カートリッジ価格 98,000円 7

記事を読む

【ヒカリエピ口コミ】大人気激安脱毛器の体験レポート

低価格なのに高い脱毛効果と話題!!今まで7万円~10万円するのが普通だった脱毛器の中で、 37,8

記事を読む

PAGE TOP ↑