脱毛器の使い方とコツ!使用時の注意事項とは

今月のおすすめキャンペーン

※初月無料

月額9,500

※11カ月無料

月額1,490

※9カ月無料

月額7,500

脱毛器はどのように使うのか

家庭用光脱毛器は、脱毛したい部位に光を照射するだけという簡単なものですが、正しい使い方については、購入した際についている取扱説明書に記載されていますので、それに従いルールを守って使用します。取扱説明書を無視した使用法は思いがけない事故につながることもあります。脱毛器の使い方の動画がYouTubeなどにアップされているので参考になると思います。

使用する前に肌を保冷剤などで冷やしてから脱毛器を肌に当て光を照射していきます。毛周期や毛の質は人によりさまざまなので確実な脱毛期間が計れるわけではないのですが、一般的な目安として1回照射したら少なくとも2週間~1ヶ月は期間を空けるようにします。

脱毛器使用後はお肌が乾燥して痛んでいますので、乾燥してしまったお肌にたっぷりと潤いを与えるようにします。この時に保湿力の高いローションやジェルを使いお肌に十分浸透させてから、保湿クリームなどで保護するようにします。せっかくきれいに脱毛できてもザラザラお肌では魅力半減です。

脱毛器使用の際の注意事項

脱毛器で効果を実感できるまで3ヶ月程度は必要ですが、日差しが強くなる季節に脱毛する場合、日焼けをしない、紫外線を浴びないことが重要です。また、脱毛後に強い日差しに当たることも避けなければなりません。

脱毛器を使う前に脱毛したい部分のムダ毛を剃り、ほくろなど色素の黒いものがあるときは、シールやばんそうこうなどで覆い照射光が当たらないようにします。脱毛器の効果を急ぐあまり照射レベルを引き上げすぎてしまうとやけどの恐れがありますので要注意です。

タトゥー(刺青)や傷跡、傷口への照射をすることはやけどなどの肌トラブルを招くので厳禁です。脱毛後は入浴や飲酒、運動なども控えるようにします。どうしても入浴したい場合はお湯の温度を下げ、浴槽にはつからずシャワーを軽く浴びる程度にし、脱毛した部分はシャワーで軽く流す程度にします。汗をかきやすい時期にはお肌を清潔に保ち、UVケアを怠らずにお肌を守るようにします。

脱毛器を使うときのコツ

脱毛器を使用する前に肌をしっかり冷やすことはもちろんですが、使用後も脱毛したところをしっかりとクールダウンします。光脱毛器使用中はサングラスの着用をするなど目を保護する工夫も必要です。

脱毛器での処理のコツとしてワキの場合は、照射範囲を少し多めに取り皮膚とハンドピースをしっかり合わせるようにします。アンダーヘアの脱毛ポイントは、身に付けたい下着を基準にはみ出ている部分を脱毛します。顔周りに照射する場合は、サングラスはもちろんですがさらに目を閉じたり、手で覆ったりするなどしてしっかりと目を保護します。

ひざ下などの範囲が広い部分は保冷剤などでアイシングしてもいいのですが冷たくなりすぎてしまうことがあるので、氷水に浸したタオルを軽く絞ったものでの代用もOKです。広範囲を脱毛するときには、水性ペンや医療用マスキングテープなどでマーキングしながら行うと照射抜け、脱毛ムラを防ぐことが出来ますのでおすすめです。

関連記事

フラッシュ脱毛器 比較

5種の人気フラッシュ脱毛器を比較!

家庭内で使用できる脱毛器は、昨今人気も高く、種類が豊富に出ています。 脱毛サロンでは回数が決め

記事を読む

【ヒカリエピ口コミ】大人気激安脱毛器の体験レポート

低価格なのに高い脱毛効果と話題!!今まで7万円~10万円するのが普通だった脱毛器の中で、 37,8

記事を読む

no image

家庭用脱毛器の種類と正しい効果的な使い方についてまとめてみました

家庭用脱毛器の種類には、電気カミソリのように剃るもの、抜くもののほかに脱毛サロンなどで使われてい

記事を読む

no image

脱毛器のお手入れ方法

脱毛器に寿命はあるのか 脱毛器にはそのタイプによって数千円から購入できるものもあれば、数万円、

記事を読む

脱毛器 使用頻度

脱毛器の使用頻度はどの程度がよい?

脱毛器の使用頻度はどの程度がよい? 脱毛器は自宅で気軽に脱毛できるというメリットを持っています

記事を読む

PAGE TOP ↑