ムダ毛処理方法、一番のオススメは何?自己処理はヤバい?

ムダ毛処理方法 オススメ
今月のおすすめキャンペーン

※初月無料

月額9,500

※11カ月無料

月額1,490

※9カ月無料

月額7,500

⇒キレイモがおすすめな理由とは?

ムダ毛処理にはたくさんの方法があり、それぞれの部位によっても処理の仕方が異なることもあります。
薬局等で商品やグッズなどをたくさん目にしますが、何を使えばいいのかわからない…そう思っている方も少なくないはずです。
いったいムダ毛はどのような処理の仕方をするのが良いのでしょうか。

敏感肌に優しい方法は?世の中の女性はどうやって処理しているの?

このページでは、そんな疑問にこたえ、おすすめの処理方法を紹介します!
あなたにぴったりのムダ毛処理方法を見つけましょう!

ミュゼ3月

ムダ毛処理にはどんな方法があるの?おすすめは?

ムダ毛処理には、脱毛と自己処理がある

ムダ毛処理には、脱毛と自己処理の2種類があります。脱毛は、サロンやクリニックなどでムダ毛を細く、もしくは生えなくすることです。自己処理は自分でムダ毛を処理することです、生えなくなることはないです。

一般の方のムダ毛処理方法のアンケート紹介

一般の方々はどのような方法で処理していることが多いのでしょうか。一般女性25人に「ムダ毛処理であなたのオススメのやり方は?」というアンケートをとってみました。

p561_graph

このグラフでは、カミソリや電気シェーバーのような、市販で手軽に使うことのできるグッズが一般の方々にとっておすすめなようです。その次に多いのは脱毛サロンという結果になりました。その他にも様々なムダ毛処理の方法があげられていますが、ムダ毛処理には具体的にどのようなやり方があるのでしょうか。

各ムダ毛処理方法の紹介

 自己処理

 カミソリ
カミソリはコンビニでも購入することができて、コストも安いです。いつでも手軽に利用できます。
ほとんどの女性が使用したことがあるのではないでしょうか?
しかし、安全性はあまりよくありません。刃が直接肌に触れるため肌へのダメージが大きく、カミソリ負けを起こしてしまうこともあります。毛もすぐに伸び、剃っていくと毛もどんどん太く、より強くなっていきます。

 電気シェーバー
電気シェーバーは、刃の構造上、肌から2~3ミリ離れます。バリカンのようなイメージなので、肌に直接刃は触れませんが、その分深剃りもできずチクチクします。服と擦れると、かゆみやニキビの原因になったりして、もっと気になるようになってしまいそうです…

 除毛タオル・ボディタオル・パフ
テレビで紹介されて有名になった除毛タオルやパフ。背中にはこちらを利用する方も多いそうです。しかし、効果は実はあまり期待できません。肌をこすり摩擦によって毛を除毛するので、肌が傷ついてしまいます。柔らかい産毛で、ある程度長い毛であれば効果は見られるようですが、お子様用に人気なようで大人の強い毛にはあまり向かないかもしれません。

 電動脱毛器・脱毛ローラー
その場で毛が無くなった実感を得られますが、家庭用のこういった機械の使用だとデメリットが多いです。痛みがあり、お値段もそこそこします。また、電動であれば充電が必要です。特に量がある場合は痛みも強くなります。また、毛を抜くことで、埋没毛ができるきっかけになったり、肌が鳥肌のようにぶつぶつしてしまう原因となります。無理やり抜くことで、同じ毛穴から複数本毛が生えてきてしまうこともあります。

 ブラジリアンワックス・脱毛テープ
効果はすぐに実感できますが、自己処理用のグッズを購入しなければならない手間がかかり、肌へのダメージも大きいです。処理直後は内出血にもなります。今はブラジリアンワックス専門のエステなどもありますが、痛みは覚悟で訪れるべきです。脱毛テープも同じような肌に対するデメリットがあります。

 ヒートカッター
ヒートカッターは毛を熱で焼きます。なので、チクチクはしません。しかし使用時に毛が焼けた焦げ臭い匂いが発生します。また、結局毛の突き出しは剃った時のようになくなることはありません。

 除毛クリーム・スプレー
ドラッグストアや薬局で簡単に購入できる毛を溶かすクリームです。お手軽に低コストで購入できます。毛を溶かすクリームを肌に直接のせるので、皮膚に悪影響が及ぶ可能性があります。スプレーも同じです。かぶれたり、かゆみがでたり、赤くなったりすることが心配でしたら使用をしない方がいいでしょう。匂いもきつめです。

 脱色クリーム
パーマ液と同じように毛を染めたり、毛の色素を薄くする、または色を抜く薬剤を使用します。除毛クリームと同じく、肌に悪影響が及ぶ可能性があります。パーマ液を使用した時のようにヒリヒリしたり、赤みが出た場合はすぐに使用を中止してください。実際は毛はなくなりません。

 豆乳ローション
ローションなので、化粧水などと同じような認識で大丈夫です。通販でのルートが主なルートだと考えられます。大豆のイソフラボンが女性ホルモンと似た働きをしてくれるのですが、毛をなくす効果はないようです。一般的に、2~3ヶ月かけてゆっくりと毛を薄く細くしてくれるようなのですが、効果は本当に人それぞれだそうです。長期の対策となります。

 脱毛

 光脱毛
エステや脱毛サロンでの施術となります。毛周期にあわせて2~3ヶ月に1回のペースで施術していくので脱毛完了までに時間がかかってしまいます。しかし、レーザー脱毛よりも肌への刺激が弱く、痛みが少ないです。また、一回の施術を短時間終えることができ、レーザー脱毛やニードル脱毛に比べて安く施術を受けることができます。

 レーザー脱毛
クリニック等の医療機関での施術となります。光脱毛よりも費用はかかりますが、短い期間でで確実に脱毛したいという方におすすめです。光脱毛よりも光の出力が高いため、痛みを感じやすいですが、ニードル脱毛ほどではありません。

 ニードル脱毛
クリニック等の医療機関での施術となります。毛穴にニードルという針をひとつずつ刺して毛根に直接電気を流し、脱毛していきます。
1本1本処理していくので時間がかかりますが、処理後に毛が生えてくる可能性も比較的少ないです。光脱毛、レーザー脱毛と比べると、痛みは1番強いです。

ミュゼ3月

ムダ毛処理の部位別おすすめ方法

処理頻度の高い部位

足、腕、脇、顔などの処理頻度の高い部位は人の目にもつきやすく、夏場は特に処理をこまめにしなければいけません。
そんな部位には手軽に使うことのできるカミソリを使っている方も多いと思います。
しかし!頻繁に処理をしなければならない、人の目につきやすい部位だからこそカミソリでの処理に注意しなければなりません!
カミソリは、肌の表面まで削ってしまいます。ずっと使い続けていると、色素沈着が起き、黒ずみができてしまいます。また、カミソリで剃れば剃るほど毛もどんどん太くなってしまいます。
そこで私たちがおすすめするのが光脱毛です!コストも低く、肌への負担も少ないので脱毛が初めての方でも安心です。
脇などは絶対に処理し続けなければならない部位ですが、脱毛が完了すればムダ毛処理のストレスから解放されます!

処理頻度の低い部位

処理頻度の低い部位で、アンダーヘア(VIOライン)、胸、背中などは自己処理することはあまりおすすめできません。
特にIラインやOラインは、デリケートな部分なので、プロに任せた方がいいでしょう。

ムダ毛処理のおすすめはやっぱり脱毛サロン!

ここで、自己処理と脱毛サロンのメリット、デメリットをまとめてみました。

自己処理 脱毛サロン
メリット ・手軽で、いつでもどこでも脱毛することができる
・デリケートゾーンなどのムダ毛を処理する時に、誰にも見られない
・肌が傷つかず、キレイになる
・プロの手によるムラの無い脱毛ができる
・自己処理をする時間も手間も省ける
デメリット ・肌を傷つけてしまう
・色素沈着が起き、黒ずみができる
・自分で行うのでムラができる
・一生ムダ毛処理に時間を割かなければならない
・サロン店舗に通わなければならない
・予約が取りづらいことがある
・効果が出るまでに少し時間がかかる

次に、現役の脱毛サロンスタッフの方に、お話を聞いてみました!

 現役サロンスタッフのおすすめのムダ毛処理方法は?

自己処理は、どうしても肌に負担を与えてしまいます。もしも自己処理をするのであれば、1番おすすめなのは電気シェーバーです。電気シェーバーは刃が直接肌に当たらないので、肌を傷つけずにすみます。しかし、剃り残してしまった毛を剃ろうと、肌に押し付けるようにして剃ってしまうと肌が傷ついてしまいます。そのようなことをかんがえると、やはりおすすめなのは脱毛です。

これらのことから、脱毛サロンはいいこと尽くしだということがわかります。

敏感肌の人には特に自己処理よりも脱毛サロンをおすすめします。なぜなら、自己処理をしていると自分では分らないうちに肌を傷付けてしまっているからです。これ以上肌を傷つけないように、脱毛サロンをためしてみましょう!
脱毛サロンが初めてで不安な方もいらっしゃると思います。しかし、不安がる必要はありません。専門のカウンセラーがあなたの悩みをはじめ、現状の自己処理方法や毛の状態、体調などをお伺いし、お客様一人ひとりに合った最適な解決方法をご提案します!

このようなことをふまえて、私たちのおすすめするムダ毛処理の方法はやっぱり脱毛サロンです!

脱毛をはじめるにあたって、コストのことを考える方も少なくないと思います。
しかし、脱毛は今やお手ごろな価格でできるようになっていて、とても格安なキャンペーンも多数あります!
様々なアイテムでお金を消費していくよりも、とりあえずミュゼの格安キャンペーンを体験してみてください!
ミュゼ3月

銀座カラーは全身22部位を、月額9900円で脱毛し放題です!また、銀座カラーでは自己処理の時に手の届きにくい、えり足、背中、腰、ヒップ、ヒップ奥のお手入れを脱毛の施術前に行ってくれます!手間も時間も省けて、脱毛できる銀座カラーをぜひご利用ください!
VIO脱毛 銀座カラー

関連記事

ムダ毛処理 女性

ムダ毛を処理しきれていない女性に対して、それを指摘したり、何らかのアクションを起こしたりしますか。

正直、ムダ毛の自己処理めんどくさい…処理したはずなのに、剃り残しがあることもしばしば…それって男性か

記事を読む

ムダ毛 理由

そもそもムダ毛って何なの?存在する理由・役割は?

そもそもムダ毛って何なの? ムダ毛とは頭髪や眉毛など以外の、明確に役割を持った毛と異なりあまり

記事を読む

埋没毛 自己処理

増え続ける埋没毛…その自己処理大丈夫?

皮膚の下でニョキ!埋没毛って何? 埋没毛という言葉を耳にしたことのある方も多いと思います。本来いず

記事を読む

ムダ毛処理 いくら

30名の女性にアンケート!「現在、ムダ毛処理に月いくらくらいかけていますか?」

一般世論を集めてみました!シリーズ。 今回は「現在ムダ毛処理に月いくらくらいかけていますか?ムダ毛

記事を読む

女性なのに毛深い原因。今すぐできる解決策から効果的なものまで!

「女なのになんでこんなに毛深いの…?」 世の中の女性の共通の悩みがムダ毛です。中には剛毛で悩んでい

記事を読む

PAGE TOP ↑