【ときめくカレー#01】レトルト彼氏で温まってみた<野菜ホワイト彼氏ver>

このエントリーをはてなブックマークに追加
retorutoeyecatch

本格的に人肌の恋しい季節。恋人が欲しい欲しいと騒いではみても、
出会って、連絡先交換したり、連絡してみたり、既読気にしたり、しなかったり、
なんかいろいろあって、付き合ったり、失恋したり…
とにかく恋愛には手間がかかります。
そもそもどこで出会えるわけ?
そう、イチからの恋愛ってぶっちゃけコスパ最悪。

仕事が、趣味が、充実していればいるほど色恋沙汰から離れていくのはもはや仕方のないこと。
恋人がいようがいまいが、充実していることに変わりはない。
ていうかときめきってなに?どこに落ちてるの??

……そうは言っても実は(多分)かよわい乙女、もの寂しい夜くらいあるものです。
「こんな時に、暖めてくれる誰かがいたら…」
そんな切実な願望を叶えてくれる、都合の良い相手なんているわけ…あった!見つけた!
retorutoeyecatch
レトルト彼氏!!!(1箱¥540)
このレトルト彼氏、中身はなんと、レトルトカレーなんです!(わかりやすい!)

レトルトカレー…レトルトかれ…レトルト彼氏……
ふーん。

しかし、これさえあれば、
①寂しい時②わずらわしい手間なく③ワンコインとちょっと(消費税)で
心と体を同時に暖めてくれてしまうのです!
DSC_0013
見てください。イケメンが甘い言葉を…
DSC_0023
「頑張っている手だね…守ってあげたくなる。」

CSC_0035
「このままだと…つい君の指まで食べてしまいそうだよ」

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
…ファッ?!?!?!
ちょっと前後の文脈が合ってないにも程があるんじゃ?なんていう疑問が湧きませんか?
湧きますよね?湧いちゃうんですけど、良いんです。
DSC_0013
イケメンだから。金髪だから。
ちなみにこちらの野菜ホワイトカレーの彼、
DSC_0059
スウェーデン人です。

と、いうわけでお料理。
パカッ
DSC_0082
し、白い。なんとなく荘厳な感じ…
DSC_0083
今回はレンジで温めるのでパウチを開けます。
DSC_0089
DSC_0093
ホワイトというより黄色。
この時点で優しいカレーの香りが漂ってくる。
DSC_0096
レンチンは2分(500W)です!
DSC_0106
本当に熱いので取り出す際は気を付けてください。
DSC_0120
ホワイトカレーというだけあって、確かに色は薄いような…というより黄色です。
DSC_0127
DSC_0132
わぁ、超簡単にできちゃった♪

いざ実食!
DSC_0140
………うまい!
が、しかし、やさしい。やさしすぎます。

CSC_0035
こんなこと言うから、甘口と見せかけて実は猟奇的に辛い方かと思っていましたが

DSC_0059
この甘いマスクに嘘はないようです。
本当に辛さはゼロ。ホワイトカレーを食べたことはないのですが、
敢えてたとえるなら…
DSC_0130
カレー味のシチューって感じです。
お子様カレーに似てるような…。

何はともあれ、完食☆
DSC_0142
これから一段と寒くなる季節、寂しくなったらレトルト彼氏に頼ればいい、かも。

【関連ページ】
amazon.co.jp:レトルト彼氏

カレー女子大生  
都内在住カレー好き女子大生ライター。ひとりカレー部、部長やってます。

関連記事

nosocksconvenilife-5

夏にピッタリ爽やか味!『ポッキー サマーソルティ』がトレンディ☆

6月になりましたね。 もう6月……。時の流れって、年を重ねるにつれてどんどん早く感じるようにな

記事を読む

nosocksconvenilife-51 2

早く食べないと、お化けのように消えちゃう!?『ポテトチップス 黒いコンソメ味』がトレンディ☆

秋。それはなんだか、人肌恋しい季節だよね。 そんなあなたには、暖かい言葉と、ピンクのセーターを

記事を読む

nicolahouse02

大人気店ニコラハウスが、8月9日(日)12時から『ミッフィーのシュークリーム』を先着200名に無料配布!?!?

本格フレンチ・本格スイーツ・アーティスティックな本格雑貨を楽しめる、表参道で行列のできる人気店「ニコ

記事を読む

ramunean

インパクトありすぎィィィ!鮮やかなブルーのあんこが新登場! 【夏にピッタリのラムネ味】

みなさん、食事をする時に「味覚」「視覚」「嗅覚」「触覚」「聴覚」のどの感覚を一番使っていますか?

記事を読む

yabaichanshusi1

きもちワクワク!おなかペコペコ!日本の「SUSHI」アイテムが渋谷・福岡・成田で手に入る!!

みなさん、突然ですがお寿司ってご存知でしょうか 知らないはずがないですね!ニポン人のソウル

記事を読む

PAGE TOP ↑