愛媛・道後温泉と、人気アーティスト・蜷川実花さんがコラボ!?美しく彩られた街のシンボル・道後温泉は必見!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

『千と千尋の神隠し』で一躍注目を浴びた、愛媛県の道後温泉。

日本三古湯の1つと言われており、国の重要文化財に指定されている道後温泉は、昨年で改築120周年を迎えたそうです。

それをキッカケに、昨年から温泉とアートの祭典「道後オンセナート2014」が開催されるなど、街は大盛り上がり中!

道後温泉宿泊者数は、過去10年間で最高の88万7000人を超えたとか。

そして今年も、「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」が開催されていますが、10月1日からアートフェスティバル第3弾作品が公開スタート!

mikaninagawa1

「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」第3弾の目玉はこいつだぁ!!!

目玉作品は「道後温泉本館ライトアップ」!!

mikaninagawa2

道後温泉のシンボルである、道後温泉本館の障子やガラスが、色とりどりの花の写真によって鮮やかに変身しちゃいます。

フェスティバル名からも分かるように、メインアーティストは蜷川実花さん。

建物の北側・西側の障子、西側のガラスに蜷川作品が設置されたり、南側3階には、夜間に映像作品が投影されたりするようです。

まさに、大規模展示!

「道後アート2015」のテーマは、「最古にして最先端。」らしいのですが、仰る通りですね。

道後温泉本館以外にも、“宿泊対応可能なアート作品”「HOTEL HORIZONTAL」の一部でも、蜷川さんとのコラボ作品が見られるそうですよ。

気になる作品をちょっとご紹介!

その作品の一部を少しご紹介しましょう!

▼道後温泉本館内 床の間作品展示(神の湯2階席)

mikaninagawa3

img:蜷川実花×道後温泉 道後アート2015 |

▼道後温泉本館内 床の間作品展示(霊の湯2階席)

mikaninagawa4

img:蜷川実花×道後温泉 道後アート2015 |

▼HOTEL HORIZONTAL 蜷川実花×道後プリンスホテル

mikaninagawa5

img:蜷川実花×道後温泉 道後アート2015 |

▼蜷川実花×道後温泉 道後アート2015 ホテルギャラリー 茶玻瑠「flowers」

mikaninagawa6

img:蜷川実花×道後温泉 道後アート2015 |

ちなみにこんなオリジナル浴衣も!♡

mikaninagawa7

蜷川ワールド、大・爆・発!

ちなみに「BEAMS」とコラボした、オリジナルエコバッグも道後地区限定で作成されたのだとか。

イベント参加者などに、ノベルティとして配布されるようです。ほしい……。

一度は行っておきたい「道後温泉」。ぜひこの機会に足を運んでみてはいかがでしょう?

年末年始に過ごすのも、アリかもしれません!

展示期間:2015年10月1日(木)~2016年2月29日(月)
展示場所:道後温泉本館
展示時間:終日(ライトアップは日没~22時)※季節によって異なります。

【参照元】

街のシンボル“道後温泉本館”が、鮮やかな“蜷川カラー”にライトアップ「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」 第3弾公開|松山市 シティプロモーション推進課のプレスリリース:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000014093.html

 
ライター歴9年目のフリーライター。 音楽と食べることが大好きで、ハマったらトコトンのめり込むタイプです。
 Twitter

関連記事

2/27(金)いよいよ出るぞ!今度はKISS!!世界を目指す一心堂本舗の新フェイスパックがまたまたかっこよすぎる!!!

『「日本を代表する顔」を世界に紹介するブランド』というコンセプトのもと、革新的なデザインのフェイスパ

記事を読む

まるでクラブ!?暗闇で音楽と自転車にノれる「FEEL CYCLE」が楽しそうっ

冬はなんだかんだ言って隠せた体型も、夏が近づくにつれて露出しなきゃいけない・・・。 でも、美味

記事を読む

肝試しのお供に!?気軽にお経を上げられちゃうWebアプリが登場!

突然ですが……夏ですね!!!! 夏といえばなんでしょう?海、花火、キャンプ、BBQ……。

記事を読む

「まさか私に秘書なんて」と思っているあなたに朗報!自分専用秘書ができちゃう素敵アプリが登場!

「アレもやらなきゃ・・(白目)」 「あ!コレやるの忘れてた!!(涙目)」 「次なんの予定

記事を読む

自分のキャラクターを作って探せる!『ウォーリーをさがせ!』と『Fit’s<いちご&ミルク>』がコラボ♪

独特な踊りと歌のCMでおなじみのチューインガム、「Fit’s(フィッツ)」! 新製品の『Fit

記事を読む

PAGE TOP ↑