【泊まれる本屋】ゆっくり本を読みながら寝落ちできるホステル『BOOK AND BED TOKYO』がオープン!

このエントリーをはてなブックマークに追加

面白い本を読んでいたり、友達と連絡を取っていたり、映画を見たりしていたら、いつの間にか真夜中になっていて、気づいたら寝落ちしていたという経験は、誰もが1回くらいはしたことがあるのではないでしょうか?

2015年11月5日、池袋にオープンする「BOOK AND BED TOKYO」は、そんな寝落ち体験を提供してくれる外国人観光客および国内旅行者向けのホステルです。

BOOK_AND_BED_TOKYO01

「読書の秋」ともいいますし、じっくり読書を楽しむのも良いですね。

コンセプトは「泊まれる本屋」。

「BOOK AND BED TOKYO」は、「SUPPOSE DESIGN OFFICE」がデザイン、「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」がブックセレクトを担当したホステルです。

BOOK_AND_BED_TOKYO03

「泊まれる本屋」をコンセプトにしているため、本棚の中にベッドが埋め込まれているなど、読書をしながら寝落ちするような「好きなことをしてたら、うっかり寝ちゃった」という体験ができる空間になっています。

なお泊まれる本屋というコンセプトながら本の販売はしていないため、どっちかというと貸し出しをしていない図書館とかのほうが近いかも。

BOOK_AND_BED_TOKYO04

宿泊料金は部屋の大きさやベッドの大きさ、平日か金土祝前日かで変わりますが、一番安いプランで¥3,500-(税抜)と比較的泊まりやすい価格設定になっています。

BOOK_AND_BED_TOKYO02
また宿泊せずに「BOOK AND BED TOKYO」の空間を気軽に楽しめるデイタイムも11月9日よりスタート。こちらは利用時間が13:00 -19:00で価格は¥1,500- (税抜)です。デイタイム利用空き状況確認Twitter(https://twitter.com/BOOKANDBEDTOKYO)から空いているか確認ができます。

BOOK_AND_BED_TOKYO05

「BOOK AND BED TOKYO」http://bookandbedtokyo.com/)は東京都豊島区西池袋1-17-7 ルミエールビル7階、池袋駅西口徒歩1分の場所にあります。

Facebook(https://www.facebook.com/bookandbedtokyo)やinstagram(https://instagram.com/bookandbedtokyo/)でも情報が確認できますので、気になる人は足を運んでみてはいかがでしょうか?

Photo by Kastuhiro AOKI ©R-STORE 2015

【参照元】
コンセプトは泊まれる本屋。不動産のセレクトショップR-STOREが池袋に外国人観光客向けホステル「BOOK AND BED TOKYO」を11月5日開業。|株式会社アールストアのプレスリリース:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000012633.html

 
甘いものと動物を愛するフリーライター。新商品やマイナーな物事に興味を惹かれることが多い。動力源はずぼら飯。

関連記事

『ふなっしー』や『ぐんまちゃん』も参戦!パズルゲーム『いっしょにプルプル』が気になりすぎる!!!

世の中にはスマートフォン向けのパズルアプリがたくさんありますが、ついにあのキャラクター達が参戦するそ

記事を読む

イケメンに罵られながら、正月太りを解消してみた。

ブクブク…ブクブクブクブク…ブクブクブクブク…。あぁ、今日も鏡を見るのがツライ。年末から絶えず開催さ

記事を読む

【結構得する】リラックマ好き必見!「LINE リラックマころろんパズル」に事前登録するしかない!

スマートフォンでアプリを探していると、「LINE GAME」のゲームアプリが目に入ることって多いです

記事を読む

せつなガールNo.069「失恋」

記事を読む

仕事でもプライベートでも大活躍♪『水拭きで消せるマッキー』に新色&極細タイプが登場!

消せるボールペンなど後から修正が可能な筆記用具が続々と発売されていますが、今回はなんと!!!!!あの

記事を読む

PAGE TOP ↑