顔脱毛で自信UP!あこがれのツルスベ美肌を手に入れよう♪

メイク中に顔のうぶ毛・ひげ・眉毛が気になることってありませんか?「メイクのノリが悪いな」「全体的にくすんでるな」といったお悩みの原因は、顔の毛にあるんです!とは言っても、処理をするときに肌トラブルが起きたら大変。
毛のないツルツルの美肌をキープしている人が、実は隠れて受けているのは「顔脱毛」!すべすべの肌を手に入れるための方法を見ていきましょう!

この記事を書いているのはこんな人:サロン経営者MEI

都内に脱毛サロンを経営しているアラサーのバリバリキャリアウーマン。日々他サロンを研究しながら、自店舗をより良いサロンにしていけるように奮闘中。他サロンに潜入調査や、電話インタビュー等も行っていて、暴露ネタ満載です…ふふ♪

顔脱毛、サロン・クリニックでのプロの手の驚きの効果・メリット

■サロンや医療クリニックで脱毛すればいいこと尽くし!


脱毛しながら美肌をGET!プロ脱毛の良いところ
自己処理とは異なり、サロンや医療クリニックでおこなう脱毛は、いろいろなメリットがあります。具体的にどんなうれしい効果があるのでしょうか?

うぶ毛やひげ、眉毛まできれいになる

顔脱毛の自己処理には、肌トラブルのキケンが潜んでいることは分かったけれど、顔のうぶ毛は処理したい…。
そんなあなたにオススメしたいのがサロン医療クリニックでの顔脱毛です。 痛みや肌ダメージのない機器を使用したサロンや医療クリニックなら、敏感肌も施術OK!機器にもよりますが、細いうぶ毛眉毛の生え際までもきれいに処理できるため、自己処理よりも安全で仕上がりが美しいんです。

角栓やくすみが気にならなくなる

顔のうぶ毛は無色透明ではありません。毛が細くて目立たないだけで、実は薄い黒色をしています。
つまり、うぶ毛の処理をしていない状態は、肌本来の色よりもくすんでいるということ。
うぶ毛がきれいになくなってしまえば、今よりもっと明るいお肌が手に入るんです

その点、サロンや医療クリニックの顔脱毛なら、細かいうぶ毛・ひげ・眉毛まで処理でき、毛を薄く、生えにくくすることができます。その効果は、メイクを変えなくても「あれ?なんか印象変わった?」と言われるほど!

また、毛が無くなることで毛穴が引き締まり、気になる小鼻周りの角栓も目立たなくなります
実際、顔脱毛をした人からは「肌全体がすべすべになって、メイクのノリが良くなった」というよろこびの声もよく聞かれます。

■ニキビやほくろ、シミのある肌にもOK!



良いこと尽くしの脱毛ですが、ニキビ肌やほくろ・シミのある肌には施術できるのでしょうか?施術にあたって不安のある場合をご紹介します。

ニキビやニキビ跡があっても大丈夫!


脱毛機器のレーザーは、黒い色に反応してムダ毛を処理するため、ニキビやニキビ跡には強く反応しません。
そのため、ニキビやニキビ跡があっても顔脱毛にはほとんど問題ありません
逆に、顔脱毛をして毛穴が引きしまることで、皮脂やほこりが毛穴に詰まって雑菌が繁殖するのを防ぎ、ニキビ予防になることもあるんです。

ほくろやシミは施術可能!

ほくろやシミは黒いから、レーザーが反応してしまうのでは?」と、不安な人もいるかもしれません。でも大丈夫。ほくろやシミがあっても顔脱毛はできるんです。サロンやクリニックでは施術前に肌のチェックをおこない、ほくろやシミの部分に専用のシールを貼ってくれます。この状態で照射すれば、基本的にはトラブルはおこりませんよ。

それでもトラブルが怖い人には、医療脱毛のアリシアクリニックをおすすめします。→「アリシアクリニック池袋院にこっそり潜入して、レーザー脱毛を体験してみた♪」

顔脱毛、サロンと医療クリニックの特徴は?簡単比較表

プロの手による脱毛には、脱毛サロンによるものと、医療クリニックによるものの2つがあります。ここでは、それぞれの脱毛方法を見ていきましょう。

サロンとクリニックの脱毛方法の違い

クリニック、皮膚科のレーザー脱毛の方法

クリニックや皮ふ科などの医療機関で行われる「医療脱毛」は、サロンとは異なり「永久脱毛」をうたえる唯一の方法です。医療行為であるため、医師の問診のあと施術がおこなわれます。 皮ふや毛髪に含まれるメラニン色素(黒い色)に対して出力の高いレーザーを照射し、毛を再生させる組織を破壊するため、多少の痛みがともないます。しかし、メラニン色素のみ破壊するため、周囲の皮ふにダメージを与えることはほとんどありません短期間で高い効果を発揮するのが「医療脱毛」と言えるでしょう。  
※脱毛方法のの詳しい説明は【脱毛クリニックVS脱毛サロン】脱毛方法を比較!から見れます。

サロンでの光脱毛の方法

サロンで行われる脱毛法は、光(フラッシュ)脱毛です。
光脱毛は、毛根のメラニンに反応する複数の波長を含んだ光を広範囲に照射し、そのエネルギーで脱毛を促します。
照射出力が低いため、ほとんど痛みはありません。医療脱毛とと異なり、「永久脱毛」とはうたえませんが、施術をするたびに毛は生えにくくなってきます。また、毛穴を引き締めるなどの美肌効果も期待できます。
※脱毛方法のの詳しい説明は【脱毛クリニックVS脱毛サロン】脱毛方法を比較!から見れます。

医療脱毛と光脱毛の比較表

 

 

光脱毛

医療レーザー脱毛

仕組み

・黒い色に反応する光をあて、毛根組織にダメージを与える

・複数の波長をもつ混合光を広範囲に照射するため、肌を傷つけることなく脱毛できる

・黒い色に反応する高出力のレーザーを当て、毛根組織を破壊する

・レーザーの照射出力が強いため、やけどやシミになる可能性もある

痛み

弱い

強い

肌へのダメージ

なし

ほとんどなし

安全性

医療機関と提携しているサロンもある

医師がいるため万一のときも安心

 

Mei's Eye
サロン脱毛と、医療クリニックの違いは理解できたかしら?
サロン・クリニックとも、店舗によって特徴があるので、自分にあった店舗を選んでね。 私のオススメは、サロンなら「ディオーネ」、クリニックなら「アリシアクリニック」。


このあとは、この2社について、詳しく説明していきます。

顔脱毛にオススメなサロン・クリニック2社

数あるサロンやクリニックの中でも評価の高いところはどこなのでしょうか?
エピカワのイチオシは、脱毛サロンであれば「ディオーネ」、医療脱毛であれば「アリシアクリニック」!それぞれ詳しく見ていきましょう。

【ディオーネとアリシアクリニックの比較早見表】

口コミで評価されている点以外にも、それぞれの特徴があります。エピカワオリジナルの比較早見表でチェックしてみましょう。

■ディオーネとアリシアクリニックの比較早見表
比較項目 サロン脱毛 ディオーネ
医療脱毛 アリシアクリニック アリシアクリニック
ジェル 人肌に温めてくれる 冷たく肌を引き締める
施術回数 1回の施術で顔周り2周 1回に付き1周
アフターケア 専用パック 専用のスキンケア商品でセルフケア
完了に必要な回数 6~12回 5~8回
期間 1~2年 1年
価格 6回  42,000円
12回  72,000円
5回 144,300円
8回 204,240円
範囲 顔全体 (眉間・鼻を含めた瞼・唇を除く) 鼻下・口下・アゴ・両ホホ・額・眉毛・眉間・首
※個人差あります。

敏感肌のあなたはディオーネ!


ディオーネの顔脱毛
【コースのポイント】
子どもでもできる「痛くない脱毛」をウリにしているのが、敏感肌専門の脱毛サロン「ディオーネ」。
施術中も熱さを感じることなく、とっても快適。さらに、照射機器の光が肌内部のコラーゲンの生成を助けるため、肌質も改善。保水力が高まり、ハリと弾力がUPしますよ。脱毛+アルファの効果を求める方にはとってもオススメです。
Mei's Eye

ディオーネ」は、一般的な光脱毛のように毛根を高熱で焼くのではなく、3~4週間に1回、「毛の種」に特殊な光を当て、発毛そのものを予防する「ハイパースキン脱毛法」という新しい脱毛法を採用しているの。
肌内部でコラーゲンの生成をサポートするフォト美顔の光が含まれていて、ムダ毛の処理ができるうえ、お肌にハリやツヤも生まれます。美肌に導く脱毛なんて、顔脱毛にはぴったり!

ユーザーの声:顔脱毛でシワにも効果があり、より美肌になれる

施術を受けるごとにお肌にハリがでてきて、潤うようになってきたんです。ディオーネの顔脱毛は美肌効果もあるんですよ!驚いたのが、わたしは目じりにけっこう太いしわが一本あったんですけど、それがうっすらと薄くなってきたんです!顔脱毛でしわにも効果があるとは本当にうれしかったです!。まつなみさん(41歳)

高い効果を期待するあなたはアリシアクリニック!

アリシアクリニックの顔脱毛
【コースのポイント】
都内を中心に10を超える分院を構える「アリシアクリニック」。短期間でバツグンの効果を得られることはもちろん、ドクターナースが常駐しているため、あなたの肌の状態をしっかり見た上で施術をしてくれます。わかりやすい料金形態や豊富なプランも人気の秘密です。
Mei's Eye

短期間で効果を求める方には「アリシアクリニック」がオススメです。
肌への負担が少ない機器を使っているので、医療脱毛なのにほぼ無痛で効果を得られるの!
万一何かあっても医師がいるから安心!敏感肌の人でも受けられるから、痛みがネックで医療脱毛を敬遠していた人はトライする価値あり!

ユーザーの声
3回目の施術を終えたところですが、確実に成果を実感しています。顔の脱毛に通いはじめてから、洗顔時、化粧時に効果を実感し楽しく毎日を過ごせています。引き続き通いたいと思います。またスタッフの皆さんの接客態度もよく、じっくりとこちらが納得のいくまでカウンセリングをしていただきました。
 

顔脱毛の施術の流れ

顔脱毛の施術の流れ

サロンとクリニックでは使用機器や照射出力が異なりますが、施術の流れはほぼ同じです。ここでは、顔脱毛の施術の流れを見ていきましょう。

施術前日

サロンは無料カウンセリング後医療クリニックは診察後に初回の予約を入れます。以降は、施術後にスタッフと相談しつつ、次回の予約を入れていきます。
施術の前日には、電気シェーバーなどでムダ毛を処理する必要があります。
処理をしていない状態だと、のびた毛に熱エネルギーが集まり、ヤケドをしてしまう恐れがあるためです。
サロンによっては当日処理してくれるところもありますが、有料になる場合もあるのでご注意を

施術当日

施術当日に必要なものは特にありません
到着し、施術室に案内されると、まずはベッドに寝かされます。
サロンによっては、「化粧をしないで来てください。」というところもありますが、ディオーネでは化粧をしたまま来て、スタッフさんが優しくクレンジングとコットンで落としてくれます。その日の肌の状態を確認したあと、エステティシャンが施術部位にジェルを塗っていきます。これは肌へのダメージを軽減するためのもの。その後、対象部位に機械で光をあてていきます。施術後は、サロンやクリニック独自の方法でほてった肌をクールダウンさせます。

施術後

施術はメイクをオフしておこなわれます。そのままスッピンで帰るのもよし、マスクなどを着けて帰るもよし。
スッピンに抵抗のある方は、メイクグッズを持参しましょう
脱毛をしたあとのお肌はほてった状態なので、長風呂や飲酒、日焼けは避けましょう。
また、自宅でのお手入れはいつもより念入りに保湿が大事なので、肌が乾燥しないように気をつけましょう。

顔脱毛の自己処理はキケン!?【番外編】デメリット・口コミ紹介

シェーバー、かみそり、クリームの使い方とデメリット

友達同士でおしゃべりしているときに「この子、うぶ毛が濃いな~」「あの部分、剃ったらいいのに」なんて思った経験、ありませんか?

自分では気づかなくても、以外と見られているのが顔のうぶ毛・ひげ・眉毛です。鼻下生え際もみあげなどは、気になるたびに自分で処理している人も多いのではないでしょうか。

自己処理に使われるアイテムとしては、シェーバーかみそりクリームなどが一般的ですが、これらで自己処理を続けることに危険性はないのでしょうか?
ここではアイテム別の処理方法と、自己処理をすることのデメリットについて見ていきましょう。

※自己処理の詳しい方法は顔のムダ毛ってみんなどうやって処理してる?から見れます。

電気シェーバー

【使い方】
もみあげなどの毛が長い部分は、巻き込み防止のために事前にはさみでカットします。洗顔を済ませたら、シェービングフォームなどを塗り、毛の流れに沿うように剃ります。
※シェービングフォームNGのシェーバーもあります

【デメリット】
直接刃が肌に当たらないように設計されているため、浅剃りになり、残った毛が目立ちやすい。
処理後の持ちが悪く、こまめな処理が必要。
同じ場所を何度も剃ると、肌へのダメージとなる危険がある。

かみそり

【使い方】
洗顔後にシェービングフォームなどを塗り、毛の流れに沿うように剃ります。

【デメリット】
肌の表面に摩擦を与えるため、肌にメラニンが溜まり、しみや黒ずみの原因になる。
皮ふ表面が削られるため、肌荒れの原因になる。

脱毛クリーム

【使い方】
洗顔後の肌にクリームを塗り、数分放置したあと洗い流します。

【デメリット】
ムダ毛を溶かして除毛するため、肌への負担が大きい。顔への使用は危険度が高い。

【自己処理あるある!こんな失敗やっちゃった!】

誰もが経験したことのある自己処理だからこそ失敗談も多いはず。ここでは「自己処理失敗あるある」をご紹介!

毛はなくなっても傷だらけ

毎日せっせとカミソリで処理するものの、うっかり脚や腕を切ってしまうことがしばしば。毛は無くなってもキズだらけ...


自宅にたまった大量の自己処理グッズ

除毛や脱毛に良いと聞いては、最新電気シェーバーやカミソリを購入。買った直後は使うものの、結局どれもこれも面倒になり自宅には大量の自己処理グッズが眠っている。


ちくちく肌に彼氏に幻滅される

デート前日に必死に自己処理しても、時間とともに伸びる毛。どれだけ頑張って処理しても、彼氏から「なんかちくちくするね(笑)」と言われてしまった。


Mei's Eye

顔は範囲も狭いし、メイクのときにささっと自己処理をするという人も多いはず。実はこれって、すごくキケンなの!
顔の皮ふは薄いうえに、季節や環境にも左右されやすいとってもデリケートなパーツ

シェーバーやかみそりなどを使って処理してしまうと、気づかないうちに肌表面を削り、ダメージを与えてしまうの。今は何ともなくても、自己処理を続けていくうちに目に見える肌トラブルになってしまい、元の状態に戻るまで長~い時間がかかる、なんてことも…。

顔はもっとも人に見られるパーツ。ちょっとした肌トラブルでも憂うつな気分になるわよね。
そんなトラブルを防ぐためにも、自己処理はNGと考えて。

まとめ

デリケートな部位だからこそ、どこで脱毛しようか慎重になるのは当然のこと。
ホントに痛みはないの?」「私の場合、どれくらいで効果が表れるの?」などなど、不安なことはサロンやクリニックの無料カウンセリングで聞いてみましょう。
実はいろんな人からじっくり見られている顔だからこそ、顔脱毛で美しくなれば自然と自信がわいてくるはず。
仕事勉強にも積極的になれるかもしれませんね♪

【顔脱毛】脱毛方法を4つのポイントで比較検討しよう!

顔はデリケートで肌も薄いだけに、脱毛方法を選ぶときにも慎重になりますよね。自分にもっとも適した方法を選択するためには、それぞれの方法に詳しくなければなりません。今回は、レーザー・ニードル・光の3つの脱

続きを見る

顔脱毛の効果的な回数は?医療脱毛とサロンを徹底比較!

「顔脱毛」ひとくくりに言っても1回施術したのと、6回、10回と施術したのでは回数によって効果がかなり違ってきます。 「じゃあ、何回脱毛すればいいの?」と思ったそこのあなた!ここではそんな「顔脱毛」の

続きを見る

サロンでの顔脱毛は、肌にうれしい効果がこんなに!

顔のうぶ毛、ムダ毛…。鏡で見るたびにイヤになるという方も多いでしょう。そのままにしておくわけにはいかないし、肌に悪いと感じながらも自分で処理し続けている…そんな方には思い切ってサロンでの顔脱毛をおすす

続きを見る

顔脱毛前後のお化粧はしてもいいの?化粧水からメイクまで

毎日化粧する女性にとって、顔のうぶ毛は邪魔なものです。解決策としては顔脱毛がベストなのですが、なんとなく抵抗がある方もいるでしょうし、脱毛前後にお化粧ができない期間ができるのは?という不安もあるはず。

続きを見る

顔脱毛の人気部位やメリットは?【口コミあり】

ワキや背中、デリケートゾーンなどは脱毛していても、顔となると不安に感じる方も多いのでは?顔は、常に人に見られる部位ですから心配になるのも当然です。そもそも顔のどこを脱毛すればよいのかわからないという方

続きを見る

顔脱毛はできる部位とできない部位がある?鼻は?口周りは?

周囲の人からもっとも見られる部位といえば「顔」ですよね。そんな部位だからこそきれいにしていたいものです。だからこそ、うぶ毛やムダ毛を自分で処理しているという方もいると思いますが、ちょっと待ってください

続きを見る

顔脱毛で安いのはどっち?医療機関とサロンを徹底比較!

顔脱毛に初めてチャレンジする方のなかには、費用面での不安を抱えている方も多いかと思います。さらに「皮膚科などの医療機関と脱毛サロンではどちらが良いのか?」も迷うところです。医療機関とサロンにはどのよう

続きを見る

ほくろがある、歯が痛い…そんなときって顔脱毛できる?

ほくろがあるから、そばかすがあるから、歯の治療をしているから…そんな理由で顔脱毛をためらっている方はいませんか?今回は、体や肌のさまざまな状態別に、顔脱毛ができるか・できないかを説明していきます。「自

続きを見る

顔脱毛の効果と口コミ成功失敗談!メリットは毛が抜けるだけじゃない

顔脱毛をすれば「うぶ毛がなくなる」こと以外にも様々なメリットがあります。ここでは、サロンで行う顔脱毛で得られる効果と実際の口コミ成功・失敗談、さらに医療機関と脱毛サロンの顔脱毛の違いについて紹介します

続きを見る

顔脱毛は「医療機関」を選ぶべき?「サロン」との違いと特徴について

顔は、常に人に見られる場所。だからこそ脱毛して綺麗になりたいという女性も多いことでしょう。しかし、いざ脱毛となると「医療機関がいいの?それともサロンがいいの?」という疑問が持ち上がります。それぞれの具

続きを見る

max_num_pages); } */?>
PAGE TOP ↑