エピカワ日本最大級の脱毛口コミサイト

【脱毛サロンVS自己処理】メリット・デメリット比較

脱毛サロンを検討している女性の様子

ムダ毛を自己処理している人の中には、「面倒くさい」「自己処理によって、傷や肌が荒れてしまっていて気になる」こんな悩みを抱えている人が多いと思います。

「はたして、このままずっと自己処理し続けていって良いのだろうか」
「そろそろ脱毛サロンに通い始めるのもありかも、、」

これは、全身脱毛についての一般の皆さんからの処理方法についてのアンケート結果です。

【全身脱毛したい?したくない?】

全身脱毛したい?したくない?のアンケート結果のグラフ 結果「したい」が90%、「したくない」が10%

身体に関することについては、悩みが尽きませんね。結局のところ、脱毛サロンと自己処理と、どちらが正解なのでしょう。このページでは、両者のメリット・デメリットを徹底的に比較し、どちらがよりメリットが多いのか検証していきます。

記事監修者Mei

都内で元某脱毛サロンを経営していました。
他社サロンや医療クリニックにも訪問・体験し、それをもとに記事執筆もしています。

今月のおすすめキャンペーン
サロン キャンペーン 公式
ランキング1位 キレイモ 初月分無料
ランキング2位 脱毛ラボ 15ヶ月無料
ランキング3位 C3 9ヵ月無料

⇒なんで一位がキレイモなの?

ムダ毛の自己処理、そのメリットとデメリット

カミソリの写真

自分でムダ毛を処理する、自己処理にはいくつもの方法があります。

カミソリ(ヴィーナスなど)、毛抜き、電気シェーバー(ソイエなど)、脱毛クリーム、脱毛ワックス、家庭用脱毛器など豊富ですね。中でも、カミソリ、毛抜き、電気シェーバーは、利用者も多いと思われます。これらを使った自己処理は、手軽に簡単に誰もが始められる処理方法ですが、その一方、「肌への悪影響」というデメリットは避けられません。

メリット デメリット
  • いつでもどこでも脱毛可能
  • デリケートゾーンなど恥ずかしい部分のムダ毛を処理するとき、誰にも見られずに済む
  • 素人の手で、行うので出来にムラが出る
  • 埋没毛や、傷など肌に悪影響を与える
  • その場しのぎの脱毛でしかないので、一生ムダ毛処理に時間を割き続ける必要性がある

自己処理による肌へのダメージは、おそらくあなたが思っているより深刻です。実際に埋没毛や、黒ずみに悩んでいる方もいると思います。自己処理において、体を全く傷つけずに、ムダ毛処理する方法はありません

脱毛サロンでの脱毛、そのメリットとデメリット

スタッフに足のマッサージをしてもらっている女性の足の写真

自己処理以外の方法では、脱毛サロンへ行く、という選択肢があります。 部位ごとに、様々なキャンペーンが展開されているサロンも多く、かなり価格も低く設定されています。回数も無制限ものまで出ていて、かなりお得なキャンペーンも存在します。

両ワキ完了+選べる3部位 ヒアルロン酸 美肌脱毛新規限定300円税込

しかし、脱毛サロンにもメリット・デメリットはあります。

メリット デメリット
  • プロの手によるムラのない脱毛ができる
  • しばらくの期間通えば、永久脱毛に近い状態にまで持っていける
  • かなり低価格でお得なキャンペーンがある
  • 予約が取りずらいことがある
  • サロン店舗に通う必要がある

予約が取りずらい、というのは脱毛サロンのクチコミでよく言われています。しかし、現在サロン側も状況を改善しようと、WEBに上に便利な予約システムを導入しました。某サロンのシステムでは、あなたの希望の店舗を第三希望まで出すことができ、その中ですぐに空いている日にちと時間帯候補が出てきます。

脱毛サロンVS自己処理

脱毛サロン、自己処理と、それぞれのメリットデメリットを挙げてきました。

まとめとして、能力面、即効性、時間面、金銭面、安全面の5つで比較します。

脱毛サロン 自己処理
能力面 ×
即効性 ×
時間面 ×
金銭面 ×
安全面 ×

①能力面

脱毛サロンでの機器による脱毛は、どんな自己処理よりも威力が強力。使用している機器が、素人では扱えないレベルの出力を出せるので、自己処理よりも効率が良いです。自己処理でよくある「剃り残し」などもありません。

②即効性

自己処理は、やりたいときにいつでもできます。
脱毛サロンは、脱毛したくても予約が取りずらいサロンがあります。

③時間面

自己処理で脱毛している限り、一生時間をかけ続けなければなりません。

自己処理にかけている時間を計算してみると、思いがけないほど莫大な時間をかけていることに気づきます。処理にかかる時間を1日15分(全身をカミソリでそる場合)、15~60歳という設定で計算すると、なんと、4106時間。

脱毛サロンでの脱毛した場合も計算してみましょう。脱毛ラボの全身脱毛、一回約60分を月2回通うとして、完了(平均目安)までに年に24回。つまり24時間。

自己処理 脱毛サロン
時間 4106時間
(人生のうちの5か月間分以上の時間)
24時間
(人生のうちの一日分の時間)

これほどのムダ毛処理時間の差が出ます。

④金銭面

自己処理よりも、脱毛サロンに通う方が、一見お金がかかりそうですが、実際はどうでしょう。

【全身脱毛の場合の例】

カミソリで自己処理する場合

シック 3本入り1,800円→一本86.6円
週に2回やるとして月に8回
15-60歳の45年間として、45年×12ヶ月=540か月
540ヶ月×8回=4320回
つまり合計で、4320回×86.6円=374,112円


サロン(脱毛ラボ)で全身脱毛する場合(一年)

月額10,479円×11か月+初月1029円=116,298円


自己処理(全身) 脱毛サロン(全身)
料理 374,112円 116,298円

安く済みそうな自己処理の方が、実はお金がかかることが分かりますね。 自己処理の方が、費用は3倍以上もかかります。

⑤安全面

最後に安全面。この違いも大分大きいと思います。
自己処理での脱毛方法は、肌を確実に痛めています。自分では、その悪影響を感じることができない方もいると思いますが、現実、肌はダメージを大きく受けています。サロンでは肌を全く傷めずに脱毛できます。

脱毛サロンの方が、自己処理より、メリットが多い。

施術中のカメラ目線の女性の写真

自己処理、脱毛サロン、両方ともにメリットデメリットはあります。しかし、脱毛サロンの方が明らかにメリットが多いです。

脱毛サロンに行くか迷っている方は、勇気を出して一歩踏み出してみましょう。慣れてしまえば美容院のように気楽に通うことができます。いやむしろ、それよりも気楽に通えるでしょう。今まであなたが無知識でやっていた、自己処理による肌のダメージも回復します。
どこのサロンに行っても最初にカウンセリングがあるので、そこで気になることを相談してみるのも良いでしょう。肌のためにも、始めるなら、早ければ早い方がいいです。

脱毛初心者の方におすすめの脱毛サロン。

両ワキ完了+選べる3部位 ヒアルロン酸 美肌脱毛新規限定300円税込

ジェイエステでは300円で両ワキと全身のお好きな3部位の脱毛が始められます。ワキは人気の部位でもありますし、12回でこの値段なら「脱毛ってどんな感じなんだろう…」と気になっている方も気軽に通えることができますね。両ワキは12回、他3部位は1回の施術ですが、両ワキは5年間の無料アフターサービスが付いているのできちんと効果を実感することができます。Vラインを選択すると、こちらも脇同様12回の施術を受けられます。

 

部位ごとに、おすすめの脱毛サロンをご紹介。

さて、脱毛サロン、と言っても色々なサロンがあります。大手のサロン、小規模のサロン、全国に豊富に存在します。エピカワでは、ユーザーに人気のある9サロンを比較し、部位ごとにランキング方式で紹介しています。自分の要望に沿ったサロンを、是非見つけてみてください。

もう脱毛したい部位が決まっている方は、コチラへ。→ 脱毛キャンペーン”部位別”比較|全身・VIO・顔をはしごしてお得に♪

【まとめ】脱毛おすすめサロン

穏やかな表情をしているMeiのイラスト

脱毛サロンと自己処理について説明してきたけど、せっかく勇気を出してサロン脱毛するなら、自分が納得できるサロン・クリニックで脱毛するのが一番よね! 最後にタイプ別のおすすめ脱毛サロン・脱毛クリニックを紹介するので、あなたに合った場所を選んでキレイなツルツル肌をGetしてね♪

 

<この記事で人気なサロン>

剛毛で悩んでいる人➡ 銀座カラー
お得にVIO脱毛
したい人➡
キレイモ
格安キャンペーンで
お試し体験したい人➡
ジェイエステ
  1. 【脱毛サロンVS自己処理】メリット・デメリット比較

【脱毛サロンVS自己処理】メリット・デメリット比較に関連する記事

  • NO IMAGE

    脱毛人気部位ランキング|部位別の回数や痛みを徹底解析

    詳細を見る

  • 脱毛口コミランキング

    脱毛の口コミ!5460件の体験談から見た本当におすす…

    詳細を見る

  • 女性が上を見上げている様子

    ムダ毛の脱色はクリームが効果的?一番おすすめな方…

    詳細を見る

  • 恥ずかしかったのに…乳輪とデリケートゾーンの脱毛がイマイチ甘いワケ

    怒!恥ずかしいのをこらえたのに…乳輪とデリケートゾ…

    詳細を見る

  • 絶望した女性「なんで生えてくるの」

    そもそもムダ毛って何なの?存在する理由・役割は?

    詳細を見る

  1. 【脱毛サロンVS自己処理】メリット・デメリット比較
PAGE TOP