ムダ毛の脱色はクリームが効果的?一番おすすめな方法はコレだ!

脱色 効果
 今月のおすすめキャンペーン 
サロン キャンペーン 公式
NO.1 キレイモ 初月分無料 公式
NO.2 脱毛ラボ 15カ月無料 公式
NO.3 C3 9ヶ月無料 公式

⇒なんで一位がキレイモなの?

ムダ毛の脱色はどの程度効果があるのでしょうか?
エピカワではムダ毛の脱色経験者にアンケートを取り、現役脱毛サロンスタッフにもインタビューをして徹底調査しました!

 
<この記事の人気なサロン>
ムダ毛の処理は
脱毛サロン
が安心➡
キレイモ 詳細

この記事の監修者Meiの紹介

めいさん
サロン経営者:Mei

Meiの経歴

都内で某脱毛サロンを経営するアラサーのバリバリキャリアウーマン。業界市場調査からサロンの裏側や経営面・機械など、何から何まで脱毛のプロ。他社サロンや医療クリニックにも訪問・体験し、それをもとに記事執筆に携わっています。

ムダ毛の脱色の効果は?どれくらいの期間続くの?

そもそもムダ毛の脱色というのは、黒いムダ毛を色を薄くして目立たなくする方法です。
ムダ毛がなくなるわけではないので、その点だけまず理解しましょう。

ムダ毛の脱色の効果

ムダ毛を正しい方法で脱色できれば、遠目で見たところではほとんどわからない状態になるでしょう。
というのも、脱色をすることでムダ毛が金髪のような状態になるためです。
普段は黒いムダ毛が肌色に近い色になるため、ムダ毛がなくなったように見えます。
ただ、肌の色が黒い人は逆に目立ってしまう場合もあるので、どの程度色を抜くかが重要になってきます。

また、ムダ毛は目立たなくなるだけで生えたままになっているので、実際に近くでじっと見られるとムダ毛が生えているのは分かってしまいます。
肌を触られてもふさっとした感覚はありますので、やっぱりわかってしまいます。

ムダ毛の脱色の効果が続く期間

個人差もありますが、目安としては1週間程度が限度ではないでしょうか?
脱色された毛が抜け落ち、新しい黒々としたムダ毛が生えてきますので定期的に脱色を続ける必要があります。

ムダ毛の脱色方法

ムダ毛の脱色も、正しい方法で脱色しなければその効果をしっかり発揮することはできません。
ここからは正しいムダ毛の脱色方法と、間違った脱色方法について解説していきます!

正しいムダ毛の脱色方法

まず、事前準備として以下のことを必ず行いましょう!

  •  脱色剤を使用する前に必ずパッチテストを行う
  •  脱色剤を塗る箇所はボディーソープなどで一度キレイな状態にする

脱色剤は場合によっては肌荒れを引き起こす原因になります。
事前に自分の肌にしっかり合っているものか確認するためにも必ずパッチテストは行いましょう。
また、脱色剤は油分や汚れがあるとうまく密着せず、きれいに脱色ができない場合があります。
脱色したい箇所は事前にボディーソープを使って一度洗い、油分や汚れをしっかり落としてから脱色しましょう!

それではいよいよ脱色の方法の解説です。

1.脱色剤をよく混ぜる
使用する脱色剤にもよるのですが、多くが2つの液体を混ぜ合わせて使用するものです。
脱色剤を混ぜ合わせて使用するものは直前に混ぜるとより脱色効果を発揮できるため、脱色直前に混ぜましょう。
この時、ムラがあるといけませんのでしっかりまんべんなく混ぜることがポイントです。

2.脱色したい箇所に脱色剤を塗る
素手では触らず、付属のヘラや手袋をした手で脱色剤を塗っていきます。
この時のポイントは、脱色したいムダ毛がしっかりと脱色剤で隠れているかです。
脱色剤が付着している部分のみ脱色できるので、しっかりとムダ毛を包むように全体に脱色剤を伸ばします。

3.説明書に従って放置する
こちらも商品によって放置する時間が異なりますので、しっかりと説明書通りの時間放置しましょう。
早すぎても、遅すぎても正しい効果を発揮することはできません。

4.洗い流す
所定の時間放置したら、ゆっくりと脱色剤を洗い流していきます。
洗い残しがないよう、くまなく洗い流しましょう。

5.アフターケアは怠らずに
脱色後は肌に以上がないかを確認し、しっかりと保湿ケアをします。
この時肌はいつもより敏感になっているので、刺激が強い化粧水や強くパッティングしてしまわないように注意が必要です。
普段は使用していなくても、敏感肌用の化粧水などを使用するとより良いでしょう。

いかがだったでしょうか?
以上が正しいムダ毛の脱色方法です。
少し手間がかかるかもしれませんが、しっかりと行うことで脱色の効果を最大限得ることができます♪

ムダ毛の間違った脱色方法

中にはムダ毛の脱色を専用の脱色剤ではなく別のもので代用しようとする人もいます。

意外!こんなものでムダ毛が脱色できるの?!

  •  コーラ
  •  オキシドール
  •  エタノール
  •  オキシドール
  •  
  •  ビール

薬品に交じって食品も例に上がっていますが、結論おすすめできません。
ムダ毛の脱色がしたいなら、きちんと脱色剤を使うべきです。

また、髪の毛用の脱色剤(ブリーチ)をムダ毛処理に使うことも絶対にNGです!
髪の毛用はあくまで髪の毛に使うために調整されたものになりますので、どんな悪影響があるか想像するだけでも恐ろしい・・・

ムダ毛を脱色したいなら、絶対にムダ毛脱色用の脱色剤を使用しましょう。

ムダ毛の脱色のデメリット

専用の脱色剤を使っても何もデメリットはないのでしょうか?
答えはNOです!
薬品を肌に塗る以上、少なからずデメリットは存在します。

  •  ムダ毛を脱色することで肌が炎症を起こす
  •  ムダ毛を脱色したことで余計にムダ毛が目立つ
  •  ムダ毛の脱色は妊婦や子供にはおすすめできない処理方法

脱色剤が肌に合わず、炎症を起こしてしまったり、逆に余計にムダ毛が目立ってしまう人もいます。
また、妊娠中で肌が敏感になっていたり体調がすぐれない方、まだ肌が弱い子供には使用しない方が良いです。
ムダ毛の脱色も万能ではないのです。

ムダ毛を脱色できる部位とできない部位

脱色剤を使うため、脱色できる部位と脱色できない部位というのも存在します。
あなたが脱色したい部位は脱色できる部位でしょうか?
一緒にチェックしてみましょう!

ムダ毛を脱色できる部位 ◎

  •  腕やワキ、足等の日ごろ頻繁にムダ毛処理をする部分
  •  うなじや背中、胸やおなかなどの日ごろ服で隠れている部分

大まかに説明すると上記はムダ毛を脱色することができる部位です!
特に日ごろムダ毛処理を頻繁にするワキや足などは脱色できる部位となります。

ムダ毛を脱色できない部位 ×

肌が特に敏感なデリケートゾーンや、目や鼻、口などの顔全体はムダ毛を脱色することができません。
刺激が強いため炎症が起きやすいのと、目などに脱色剤が入ると非常に危険なためです!

実際にムダ毛を脱色した人のアンケート

ムダ毛を脱色した人に聞いたアンケート
なんと実に半分以上の人がムダ毛の脱色はお勧めできないと回答しています!

ムダ毛の脱色をおすすめできないと答えた人の意見

 ムダ毛の脱色、労力のワリに効果のほどは!?

初めてムダ毛を脱色したのは、学生の頃だったと思います。カミソリで剃ったり、抜いたりすると余計にムダ毛が濃くなると聞いて、脱色にしようと思いました。そのまま毛が細くなり、痛んだ状態になって取れるんじゃないかなんて願望もありましたが、余計にふさふさと生えてる印象で、遠目には目立たないけど、近くだと脱色しているのがバレバレなので…そのうちやらなくなりました。髪染剤と同じというか、だいぶマイルドな商品もありましたが、やはりツンとしたニオイのする物が多かったので、置き時間など労力のワリには効果がワリに合わない感じでした。

 ムダ毛を処理するのに脱色をしてみて感じたこと

私はムダ毛が濃くなり始めたときに、まず剃ろうと思いました。しかし、自分でカミソリなどの刃物を使うときに肌の一部に傷がついてしまうのではないかと考え、ムダ毛を脱色しました。まず、脱毛クリームを買って試しました。肌が弱い人や、日焼けをしている人はしない方がいいと書いてありました。脱色してみたところ、毛がほとんど肌の色になりましたが、肌が弱いというわけではないのですか、少し肌が荒れてしまいました。この体験をして、これからは自分でしっかり剃った方がいいと感じました。

 中学時代に経験したムダ毛の脱色についての感想

中学時代ずっとカミソリでムダ毛を自己処理していた私ですが、ムダ毛は剃りすぎると濃くなり以前よりも激しくなるというジンクスが一時期ありました。そのため剃らずに脱色した方が良いのだろうかと思い脱色を行ったことがあります。脱色してみると、確かに毛は目立ちませんでした。部活をしていてので体操服を着る機会も多かったのですが汗をかいたり肌触りはやはりよくありません。ムダ毛処理したばかりだと独特のジョリジョリ感が残ってしまいます。そのため脱色は一時期だけ行いすぐにまたカミソリでムダ毛処理をするようになりました。

 ムダ毛の脱色は、ムダ毛が金髪のようになって余計目立ってしまいました。

学生時代に、腕や足のムダ毛が気になり、様々なムダ毛処理方法を試しました。はじめはカミソリで処理をしていましたが、カミソリで処理をすると、剃ったあとがチクチクとして、また余計に剃り跡が目立ってしまったりとなるので、学生時代に流行っていた、ムダ毛の脱色をしました。しかし、ムダ毛の脱色は、ムダ毛が金髪のようにキラキラと不自然なくらい色が抜けてしまい、「脱色しました」みたいになり、大失敗でした。その当時は、匂いも強く、私は一度でやめました。

 ムダ毛の脱色は、あまり意味がないように思います

脚や腕などのムダ毛の脱色が、10代の頃学校で流行り、私もやっていました。抜くわけではないので痛みもなく、カミソリで剃った後のようなジョリジョリ感もないので、腕が振れても大丈夫だという点で、周りの友人も皆、この脱色という方法を行っていました。しかし、脱色しても近くで見ると毛深いのがバレバレですし、そのうち黒い毛が生え出し、混ざった具合が不自然で、2.3回の脱色でやめ、別の方法でムダ毛の処理をするようになりました。

 脚のムダ毛を脱色すると、こんなことになりました。

あれは私が高校生だった頃のことです。当時、コンタクトレンズもさほど普及はしておらず、私はひどい近視だったのに裸眼で過ごしていました。超イケメンの彼氏とのデートの時も、メガネは可愛くないと思い、裸眼で行きました。腕と脚のムダ毛が濃かった私は、デートに備えて高校生なりに処理することにしました。その手段は、脱色です。ドラッグストアで自分でも買える安価なものを購入し、早速脚の剛毛を脱色してみました。ムダ毛の長さや量はそのままで行いました。脱色後、メガネをかけて自分の脚を見てビックリしました。なぜなら、私の脚はライオンのような金色の剛毛に覆われていたからです。脱色するなら、毛の薄い太ももの上方とか二の腕の上方だけに利用すべきだと分かりました。

現役脱毛サロンスタッフさんにムダ毛の脱色について聞いてみた!


ムダ毛を脱色することは、どうしても肌に悪影響が出てしまうことがあります。
例えば、アレルギーなどで肌に赤みが出てしまったり・・・。
また、脱色は繰り返し行うので面倒に感じたり、繰り返し使い続けることでさらに肌を傷つけてしまうことにもつながります。
ムダ毛の脱色はあくまで一時的な処置と考えて、きちんと根本からムダ毛をなくすことが重要ではないでしょうか?

ムダ毛の脱色は一時的な処置なんですね。
確かにムダ毛がなくなっているわけではなく、目立たなくなっているだけなので何度も脱色を繰り返す必要がありますし、
ちゃんと脱色しようと思うとかなりめんどうです。

ムダ毛の脱色よりは脱毛サロンでの脱毛の方がおすすめ!

エピカワとしては、ムダ毛の根本解決として脱毛サロンでの脱毛をおすすめします!
脱毛してしまえばめんどうくさいムダ毛処理から解放されますし、何より肌を傷つけないのであこがれのツルツル肌をGetすることが出来ます!

エピカワおすすめは全身脱毛専門店のキレイモ

KIREIMO(キレイモ)
エピカワおすすめ度4.5

  • こんな人におすすめ!
  • 顔も含めた全身脱毛をしたい人
  • 月額制で全身脱毛したい人
  • 他のサロンから乗り換えようと思っている人

キレイモの公式を覗いてみる

まとめ

エピカワ

ムダ毛の脱色クリームでの処理方法について説明してきたけど、ムダ毛の脱色は全くおすすめできません!
一時的な処置で肌を痛め続けるなら、ちゃんと脱毛サロンで脱毛した方がずっと肌に良いのです!自分が納得できるサロン・クリニックで脱毛するのが一番よね!
最後にタイプ別のおすすめ脱毛サロン・脱毛クリニックを紹介するので、あなたに合った場所を選んで「つるつる肌」をGetしてね♪

ムダ毛の処理は
脱毛サロン
が安心➡
キレイモ 詳細

関連記事

芸能人 全身脱毛

【100人の芸能人やモデル】が全身脱毛している脱毛サロン

全身脱毛を考えている方の中には、有名人がおすすめしていたことや芸能人やモデルのような肌になりたい

記事を読む

ムダ毛 理由

そもそもムダ毛って何なの?存在する理由・役割は?

そもそもムダ毛って何なの? ムダ毛とは頭髪や眉毛など以外の、明確に役割を持った毛と異なりあまり

記事を読む

自己処理 毛抜き

【毛抜き脱毛】自己処理の肌への影響・デメリットは?

自己処理には、カミソリや毛抜き、脱毛クリーム、家庭用脱毛器などといった方法があります。特に毛抜きでの

記事を読む

no image

家庭用脱毛器と脱毛サロン比較!どっちを選ぶべき?料金・効果・回数

「脱毛したいけど、自分でできる家庭用脱毛器と、脱毛サロンの光脱毛、どちらがいいのかわからない。」

記事を読む

脱毛 飲酒

前日に飲酒してアルコールを摂取しても、脱毛サロンでの施術は可能?

お酒を飲んでても、脱毛ってできるの? フラッシュ脱毛、レーザー脱毛どちらにおいても施術前の飲酒は厳

記事を読む

PAGE TOP ↑