怒!恥ずかしいのをこらえたのに…乳輪とデリケートゾーンの脱毛がイマイチ甘いワケ

 今月のおすすめキャンペーン 
サロン キャンペーン 公式
NO.1 キレイモ 初月分無料 公式
NO.2 脱毛ラボ 15カ月無料 公式
NO.3 C3 9ヶ月無料 公式

⇒なんで一位がキレイモなの?

「脱毛サロンで恥ずかしいのをこらえて、乳輪まわりやデリケートゾーンの脱毛をお願いしたのに、イマイチ効果が得られなかった」という経験をした女性は少なくありません。

脱毛機を当てているときも、どうも外側ばかりでしっかり脱毛してくれてないような・・・。また、脱毛機の出力を落として行うこともあり、実感できるほどの脱毛効果が得られないということも。

実はこれ「敏感な部位は痛みが強いから」という理由だけではないんです。

脱毛機の光は「メラニン色素」に反応

脱毛するときの痛みの正体は「熱」です。毛根に熱でダメージを与える時にチクっという痛みがあるんですね。

でも、よく考えてみたら肌全体が火傷(やけど)しないのもおかしな気がします。毛根だけピンポイントにダメージを与えることなんてできるのでしょうか?

実は脱毛機の光は「メラニン色素」に反応し、基本的にその部分だけに熱によるダメージを与えています。日焼けをすると脱毛ができないと断られてしまうのはそのためです(日焼け肌は、紫外線から身を守るためにメラニン色素が活性化して肌が黒くなっている状態です)。

メラニン色素だけにダメージを与えているとはいえ、脱毛機のフラッシュの熱はその周囲の肌にも伝わるため、ダメージがゼロということではないんですよね。脱毛サロンに通う際に3ヶ月ほど期間を空けるのは、このダメージが回復するまでの期間だったりします。

そういえば、脱毛の際にはホクロを避けて機械を当てていきますよね。ホクロもメラニン色素が集中しているので、ここにフラッシュを当てるとたいへん・・・!

色素の強い部位には脱毛のフラッシュ(光)をあてられない!

メラニン色素の温度は70〜80度ぐらいまで上昇しますので、肌の色素が強い部分にこれが当たってしまうと、もはや火傷(やけど)になってしまいます。痛みももちろんですが、お肌へのダメージも計り知れません。
※医療用の脱毛レーザーでは、この3倍にあたる200度にもなるそうです・・・「医療レーザー脱毛は本気で痛い」のはこのためです。

このため、多くの脱毛サロンでは日焼け肌の脱毛はNGとなっていたり、色素が肌の他の箇所よりも強く出ている乳輪やデリケートゾーンに脱毛のフラッシュ(光)を当てるのは慎重になってしまったりするんですね。

色素が強い部位も脱毛できる!ディオーネの脱毛は仕組みが違う

乳輪の脱毛やVIOライン(デリケートゾーン)の脱毛を、もっとしっかりやってもらいたかったのに!という方は、「ディオーネ」がおすすめです。

ディオーネは通常のフラッシュ脱毛と違い、お風呂と同じぐらいの温度で十分な脱毛ができる特殊な技術を持っています。このため、ニキビやアトピーで悩んでいる方も脱毛できますし、色素の強い箇所にも脱毛機の光を当てることができるのです。

もちろん、肌にダメージがほとんどないため、3ヶ月も開けずに1ヶ月ごとに通うことができるのもメリットですね。

このように脱毛技術はどこも同じというわけではありません。少し詳しく調べてみると、特徴がちゃんとあるんですね。

また、特に口コミ高評価の池袋東口店がおすすめ!

※こちらの期間限定キャンペーンは一例です。現在は終了しています。

ディオーネは店舗毎に店内のテーマが全く異なります。
池袋東口店は茶色を基調とした高級感のある店内がテーマです。
リラックスして脱毛の施術を受けたい人にはおすすめの店舗です。
友達紹介キャンペーンや期間限定の特別価格もあるので、お得に脱毛が出来ちゃいます♪

関連記事

VIO脱毛 不安

脱毛サロンのVIO脱毛、あなたの不安は何?28人アンケート

脱毛サロンに初めて申し込んでみようかと、考えている。しかし、最後の一歩が踏み出せない、なぜならなんと

記事を読む

no image

vio脱毛にかかる期間は?必ず効果を早める3つの方法をご紹介

理想のVIOラインを手に入れるためサロンに通いたい でも時間がかかるのが気にな

記事を読む

脱毛前のVIOの自己処理方法は?失敗しないための【完全マニュアル】

「VIO脱毛の自己処理って難しくない?」 「どこまで、どうやって処理するの?」 誰もが戸惑うVI

記事を読む

no image

VIO脱毛をキャンペーンで半額以下に?!最新のお得な情報をお届け

「VIO脱毛したいけど出来るだけ安く済ましたい」「VIO脱毛のキャンペーンってどんな?」ワキや脚ほど

記事を読む

VIO脱毛100人に聞いた!口コミでわかる形・痛み・回数で失敗しない方法

「VIO脱毛」…このページに来られたというあなたは、アンダーヘアについてお悩みですね?ここでは脱毛サ

記事を読む

PAGE TOP ↑