【ワキ脱毛】ニードル?レーザー?光?脱毛方法を徹底比較!

 今月のおすすめキャンペーン 
サロン キャンペーン 公式
NO.1 キレイモ 初回分無料 公式
NO.2 ミュゼ 4部位100円 公式
NO.3 C3 9ヶ月無料 公式

⇒なんで一位がキレイモなの?

サロンでワキを脱毛しよう!と思ったら、次に決めるのはその方法です。ワキ脱毛の方法は、ニードル・レーザー・光の3つが基本。どれを選ぶかによってサロン選びも変わってきます。このページでは、それぞれの脱毛方法の基本的な知識とメリット・デメリットをご紹介します。みんなが気になる「痛み」についてもそれぞれ比較しているので、ワキ脱毛の方法で悩んでいるなら要チェックです!

VIO脱毛 銀座カラー
銀座カラーでは、月額9,900円のところ、今なら先着330名様は33%OFFキャンペーン!月額にすると¥6800で全身脱毛ができちゃうんです!!

1.ニードル脱毛ってどのくらい痛い?

「痛い」という話をよく耳にするニードル脱毛。どんな脱毛方法で、どのくらい痛いのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

▲脱毛の方法

ニードル脱毛とは、ニードル=針で行う処理方法です。針に電気を発生させ、毛乳頭を破壊することで脱毛していきます。1本1本処理をしていくため時間かかりますが、処理後に毛が生えてくることがなく、永久脱毛といえる方法です。

▲メリット

永久脱毛といえる方法のため、完了後は毛が生えてこないことが最大のメリットです。キレイな仕上がりになるため、最終的な仕上げとして利用する方もいます。

▲デメリット

毛穴に針を入れて電流を流すため、痛みが強いのが特徴です。1本1本施術するため、時間も回数もかかり、高額になることもデメリットの1つ。使用する針も感染症を防ぐために購入するのが一般的で、費用負担は大きいといえます。
【痛みの度合い】
(★★★★★)
ニードル脱毛の痛みを5段階で表すとしたら、満点の5!鈍い痛みがずっと続く感じで「ギャーッ」と声を上げたくなることも…。

▲痛みを和らげる方法

施術前には体調を万全に整えて、保湿ケアと施術後に患部をしっかり冷やすことで痛みを多少和らげることはできます。特に、体調を整えておくことは重要です。体調が良いと免疫力の関係でで多少の痛みもガマンできますが、体調が悪いとちょっとした刺激で赤みが出たり痛みを感じたりします。
また、保湿ケアをしっかり毎日行っておけば肌が柔らかくなるため毛が抜けやすくなりますし、ヒリヒリ感もほとんどありません。また、毛質が薄くなってくると痛みが和らぐ傾向があります。ですから、最初は痛みがつらくても、途中でレーザー脱毛に切り替えるのではなく、ニードルで頑張ることをおすすめします。
3月ジェイエステ

2.レーザー脱毛は肌へ負担が大きいの?

痛みはそこそこで効果はあるけど、肌への負担が大きいといわれているのがレーザー脱毛です。不安な気持ちを抱えたままレーザー脱毛を行う前に、まずはどんな方法なのかを知っておきましょう。

▲脱毛の方法

黒い色素に反応するレーザーをあてることで、毛の組織を破壊して脱毛する処理方法です。レーザーは単一の波長で熱を集中的に当てて脱毛していくため、光脱毛よりも効果が高いとされています。
いわゆる医療用レーザー脱毛と呼ばれる方法は、医師のみが扱える機械を使って施術を行うため、医療機関での脱毛方法としても知られています。出力が高く、集中して熱があたるため、痛みを感じやすいともいわれていますが、ニードル脱毛ほどではありません。

▲メリット

ニードル脱毛よりも痛みが少なめで、効果の実感が早いのが特徴です。痛みや効果を気にして、ニードル脱毛からレーザー脱毛へ切り替える方もいます。

▲デメリット

肌への負担がかかりやすいことがデメリットです。黒い色素に反応するレーザーを使用しているため、日焼けしていたり、ほくろやシミがあったりすると、その部分に反応してしまい肌トラブルが起こる可能性があります。肌の状態によっては、肌への負担が大きいともいえる脱毛方法です。
【痛みの度合い】
(★★★☆☆)
レーザー脱毛の痛みを5段階で表すとしたら、3程度です。バチン、ビリビリという痛みを感じます。

3.光脱毛なら肌への負担は軽い?

サロンで広く取り入れられている光脱毛。スキンケアも同時にできる機械もあるため、肌への負担が軽いイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?光脱毛の方法とメリット・デメリットをチェックしましょう。

▲脱毛の方法

レーザー脱毛との大きな違いが光の波長です。単一の波長を使うレーザーとは違い、複数の波長の光を照射して毛を処理する方法が光脱毛です。

▲メリット

光脱毛は、肌への負担が少なめで痛みが少ないことが大きなメリットです。家庭用脱毛器でも光脱毛を行えますが、サロンではそれよりも高い出力で照射できるため効果も期待できます。

▲デメリット

出力が低いので、どうしても時間がかかってしまう点がデメリットとなります。しかし、肌への負担を考えたら、回数が少し多くなっても光脱毛のほうが安心できるため、とにかく早く脱毛したい!という方でなければ、光脱毛のほうがおすすめです。
【痛みの度合い】
(★★☆☆☆)
光脱毛の痛みを5段階で表すと2と軽めです。個人差はありますが、輪ゴムでパチンと弾かれる程度の痛みで、ガマンできないほどではありません。

4.肌のことを考えたら痛みも少ない光脱毛がおすすめ

代表的な3つの脱毛方法について紹介しましたが、いかがでしたか?
ニードルやレーザーでしっかり脱毛するのもいいですが、肌への負担や痛みが心配ですよね。特にワキは、あまり痛みを経験したことがない部位ですから、不安に感じるのも当然のことです。
やはり、総合的に考えると肌負担も痛みも少ない光脱毛がおすすめです。ただ、なんとなく不安が残るという方もいるでしょう。そんな時はサロンに相談してみてください。痛みや肌への負担はもちろん、あらゆる疑問に答えてくれるはずです。

ミュゼ 6月キャンペーン

■参考URL
知っておきたい永久脱毛Q&A針脱毛編|日本医学脱毛協会
レーザー脱毛と光脱毛の違いとは? | スキンケア大学

関連記事

no image

痛みはどう? 銀座カラーの痛みはどんな感じ?

銀座カラーは、20年以上の実績を誇る老舗の脱毛サロンです。最新鋭の脱毛器を導入し、全身脱毛に掛かる1

記事を読む

no image

【脱毛コラム】スポーツ中、あなたの脇毛は見られてる?!

このページでは、スポーツ時のムダ毛に関するコラムを掲載しています。 ボディラインが

記事を読む

ワキ脱毛 アンケート

ワキ脱毛前・脱毛後で、自分の心境や周囲の反応など、何らかの変化がありましたか?

ワキは脱毛人気部位でもありますし、人に見られがちな部位でもあります。 ここではワキ脱毛前・脱毛後で

記事を読む

no image

人気の銀座カラー!施術回数のこと教えて

プロによる脱毛というのは、そのサロンによって必要な施術回数が違います。医療クリニックで行われている脱

記事を読む

no image

脱毛ラボで施術を受けたいから!vioについて質問!

脱毛をプロの手に任せたい部位と言えば、やはり自己処理の難しい部位を選ぶ人が多いのではないでしょうか。

記事を読む

PAGE TOP ↑