自己処理できるの?背中脱毛をおすすめします!

 今月のおすすめキャンペーン 
サロン キャンペーン 公式
NO.1 キレイモ 初月分無料 公式
NO.2 脱毛ラボ 15カ月無料 公式
NO.3 C3 9ヶ月無料 公式

⇒なんで一位がキレイモなの?

自分の背中はなかなか目にする機会がなく、普段はムダ毛を気にしていない人もいるでしょう。ケアをするのは水着や背中の開いたドレスを着るときだけという人も多いのではないでしょうか。しかし、手が届きにくい背中のケアはひとりでやるのは難しく、いざ処理するとなると大変です。ばっちり処理したつもりでもところどころ剃り残してしまうこともあるかもしれません。いつでもキレイな背中を見せるためには、サロンでの脱毛がおすすめです。

 

めいさん
この記事を書いているのはこんな人:
サロン経営者Mei

Meiの経歴

都内で某脱毛サロンを経営する、アラサーのバリバリキャリアウーマン。脱毛市場調査から経営までを行い、業界の裏側やサロンで扱う機器などとにかく脱毛事情に詳しい。他社サロンや医療クリニックにも通っており、日々情報収集を欠かさない。

背中脱毛ってする必要あるの?

背中は普段見える場所ではありませんが、それだけにいざというときにムダ毛があるとがっかりしてしまいますよね。目立つような黒くて太い毛はなくても、うっすらと産毛が生えていれば、肌がくすんだように見えてしまうこともあるでしょう。

また、ポツポツとできる背中ニキビに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ニキビは毛穴に角栓がつまり、その内部に皮脂が閉じ込められることによって引き起こされます。背中は皮脂の分泌が多く毛穴が詰まりやすい箇所ですから、ニキビができやすいのです。放っておくと炎症になり、赤くなったり腫れたりすることもあり、治っても跡が残ることがあるのでしっかりケアしたいですよね。

ニキビの原因はいろいろありますが、ムダ毛もそのひとつです。ムダ毛があるとそこで雑菌が繁殖してしまい、炎症に繋がってしまうことがあるのです。また、シャンプーなどに含まれる界面活性剤も残りやすくなり、毛穴を詰まらせる原因になりかねません。

背中のムダ毛がなくなればこれらの心配がなくなり、ニキビに悩まされることも減るでしょう。毛深いことで悩んでいる人だけでなく、背中ニキビが気になる人にも背中脱毛はおすすめです。

背中の自己処理は大変……

自己処理をするとなるとカミソリやシェーバーを使うことが多いでしょうが、これにはいくつかのデメリットがあります。自分の目や手が届きにくい箇所ですから、ケアするときには神経を使いますし、ケガの心配もあります。

ムラなく、すべてきれいにしようと思うなら人の手を借りなければ難しく、面倒だと感じる人は多いでしょう。また、カミソリで処理をすると毛だけではなく肌表面も一緒に削り取ってしまい、思わぬ肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。

脱毛クリームならカミソリよりも危険が少なく、処理しやすい方法といえます。塗って流すだけの簡単なステップで脱毛でき、かつ安価なので気軽にできますが、肌への負担が大きいというデメリットがあります。

脱毛クリームはアルカリ性の成分が毛に含まれるタンパク質を溶かす性質があることを利用した脱毛方法で、クリームを塗ると毛が溶けていきます。毛穴の奥までクリームは入っていくので、カミソリやシェーバーでは処理しきれない奥の毛までアプローチできます。

とても簡単で効果的な脱毛方法ですが、毛だけではなく、実は肌を構成しているのもタンパク質であり、アルカリ性は肌に含まれるタンパク質にも反応してしまうことがあるので注意が必要です。ダメージを負った肌は赤みやかゆみが出ることもありますので、肌が弱い人にはおすすめできません。

背中脱毛をおすすめするのはなぜ?

サロンやクリニックでの脱毛にリスクがまったくないのかといえば、必ずしもそうではありません。サロンやクリニックで行われる脱毛は肌に光やレーザーをあてて熱を加え、毛根にダメージを負わせて発毛を抑える脱毛方法です。

サロンの脱毛機なら約70℃、クリニックの脱毛機なら約200℃の熱が一瞬とはいえ肌にあたるため、施術直後は赤みやヒリヒリ感が出ることがありますし、火傷の危険性もゼロではありません。また、施術中は痛みが伴うこともあるので、人によっては継続が難しいと判断してしまうこともありえなくはないでしょう。

しかし、サロンやクリニックは脱毛にリスクがあることは重々承知しており、可能な限りの対策を講じています。施術前後に専用の冷却ジェルを塗って肌を沈静化したり、美容成分の配合されたトリートメントローションを塗ったり、肌をいたわりながら脱毛できます。

特にクリニックなら医師や看護師など専門知識と資格を持ったスタッフに対応してもらえるので安心です。脱毛が終われば自己処理の回数も減り、むやみに肌を傷めることもなくなるでしょう。

もしすでに背中ニキビがあったら?施術は可能?

脱毛でツルスベ肌を手に入れたくても、すでに背中にニキビやニキビ跡がある人の場合、施術ができないのではないかと不安になることもあるでしょう。

多くのサロンでは、ニキビのある箇所に対しては保護シールを貼って対応しています。部分的なニキビならそこを避けて照射することも可能で、ニキビがあるからといって脱毛を諦める必要はありません。

ただし、炎症がひどかったり、ニキビの数が多かったりする場合には施術してもらえないこともあります。ニキビがある場合の対処については各サロンによって違いがありますので、事前に確認しておきましょう。特にキャンセル料はかかるのか、回数消化はあるのかなど、お金に関わることは要チェックです。

背中脱毛で行われる脱毛方法にはどんな種類があるの?

サロンとクリニックでは行われる脱毛方法が違います。では、実際にどんな脱毛が行われているのか確認していきましょう。

レーザー脱毛

ルビーレーザー、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザーなど、医療用に開発されたレーザー脱毛機を使って施術する脱毛方法です。レーザーから出る光を毛根にあて、毛の再生機能を低下させます。

レーザーの光の波長はまっすぐ進む性質があり、光を集めやすいのが特徴です。そのため施術箇所に集中して熱を加えることができ、効果的な脱毛を実現しています。5~6回で脱毛が終わることが多く、1回あたりの値段は高いものの短期間で脱毛を終えられます。

光脱毛

一般にフラッシュライト脱毛と呼ばれる脱毛方法で、多くのサロンで採用されています。レーザー脱毛と仕組みは変わりませんが、光脱毛で使われる光は自然光に近く、波長にばらつきがあってパワーがあちこちに広がりがちです。

なかなか強力な光にはならず脱毛を終えるまでに時間がかかりますが、痛みが少ない方法です。

S.S.C.方式

S.S.C.方式とは「スムース・スキン・コントロール」の略で、光脱毛の一種です。一般的な光脱毛の場合、光をあてるのは毛根やその周辺組織ですが、S.S.C.方式では照射の前に特殊なジェルを肌に塗り、このジェルに対して光をあてていきます。

ジェルの中には光に反応するビーンズが含まれており、さらにその中には抑毛効果のある成分が含まれています。光があたるとこの抑毛成分が毛穴に溶け出し、毛の再生を抑えるのです。熱が直接毛根に作用するものではないので、肌への負担が少ない脱毛方法といわれています。

美容電気脱毛

美容電気脱毛は永久脱毛効果が認められている脱毛方法で、毛穴にニードル/プロ-ブと呼ばれる針を挿入し、微弱な電流を流して発毛組織にダメージを負わせて発毛を抑える脱毛方法です。

毛穴を1つ1つケアしていき、処理が確実に行われれば毛の再生能力はほとんどなくなります。しかし、電気脱毛は痛みが強く、1本1本処理していくので施術時間がどうしても長くなってしまいます。

また、日本では対応しているサロンはあまり多くないので、なかなか受ける場所を探しにくいかもしれません。

おすすめはクリニック?それともサロン?

脱毛をするときには、まずサロンかクリニックかを選ぶ必要があります。それぞれのメリット・デメリットがありますので確認していきましょう。

クリニック

クリニックでは医療用レーザー脱毛機で施術が行われます。これは名前の通り医療機器であり、医師や看護師など医療従事者しか取り扱うことができません。脱毛の根本的なメカニズムはサロンの脱毛機と同じですが、医療用レーザーならサロンのものより強いパワーで施術できます。

そのため脱毛効果を実感しやすく、脱毛の回数が少なくて済むというメリットがあります。しかし、毛に加わるパワーが強い分、痛みが強く出やすいというデメリットがあります。頼めば麻酔を使ってもらえることはありますが有料です。

また、保険の利かない自由診療のためサロンより費用がかなり高くなるのもデメリットといえるでしょう。

クリニックの特徴まとめ

メリット
効果が実感しやすいので、脱毛回数が少なくてすむ

デメリット
医療用レーザーの強いパワーで施術するため痛みが出やすい(麻酔は有料)
保険がきかないため、費用が高くなる

サロン

サロンで使われるフラッシュライト脱毛機の場合、クリニックのものより威力が弱いので痛みが少ないといわれています。痛みが気になる人はサロン脱毛の方が安心かもしれません。

しかし、その分、1回あたりの効果も弱いので、効果を実感するまでは繰り返しサロンに通うことになります。多くのサロンで複数回通うプランが用意されているのはそのためです。

利用者が継続して通いやすいようにサロンはリーズナブルな価格設定がされていることが多く、キャンペーンをやっていれば数百円で脱毛できることもあります。クリニックの脱毛は数十万円になることもありますから、値段の安さはサロンならではのメリットといえるでしょう。

サロンの特徴まとめ

メリット
痛みが少ない
通いやすいように、リーズナブルな価格設定
様々なキャンペーンを展開している

デメリット
1回あたりの効果が弱いので、完了までに時間がかかる
サロンに通う回数も多くなるので、手間がかかる

このように、サロンもクリニックもそれぞれ一長一短があります。

クリニックは痛みや値段を気にせず、とにかく早く効果を実感したい方向き。
サロンは時間がかかってもいいから、なるべく出費を抑えて痛みがない脱毛がしたいという方におすすめです!

背中脱毛の相場はどれくらい?

費用はクリニックよりサロンの方が安く済むのが一般的です。背中は背中(上)(下)と2つの部位に分けられることが多いですが、1回につきそれぞれ4,000~6,000円程度で受けられます。

もともとの価格設定からしてサロンの方が安いですが、キャンペーンに申し込めば1パーツにつき数百円と、さらにリーズナブルな価格で背中脱毛ができるでしょう。

クリニックも背中を2つに分けることが多く、背中すべてを脱毛するときには2部位分の料金が必要になります。1回あたりの値段は1部位15,000~20,000円程度が一般的です。

サロンでもクリニックでも、パーツごとに施術するのではなく、全身脱毛に申し込んでしまったほうが結果的にお得になることもあります。全身脱毛ならほかの部位もまとめて処理できるので自己処理に悩まされることもなくなるでしょう。

【まとめ】おすすめのサロンで背中美人を目指そう♪


背中は普段見える場所ではないので、露出するとき以外は特にケアしていない人も少なくないでしょう。しかし、肌を出すようなファッションをしていなくても、服によっては背中がちらりと見えてしまうこともあります。

夏場だけでなく、季節を問わず油断は禁物です。ただ、背中のムダ毛は自分ではなかなか処理しづらく、また自己処理にはいくつかのリスクがあります。背中脱毛を安全に、そしてよりきれいにしたいと思うのなら、自分にあったサロンやクリニックで脱毛してみては?

おためし背中脱毛するならジェイエステ

エピカワおすすめ度3.5

ジェイエステティック

公式サイトはこちら

脱毛してみたいけれど、初めてでちょっと怖い……。とりあえず、背中だけおためしでやってみたい!
そんな方におすすめなのがジェイエステ!今なら両ワキ+選べる1部分(背中もok!)が300円で脱毛できるキャンペーン中!ためしに気になる背中を脱毛したいという方にぴったりです。

ジェイエステのおすすめポイント

 背中脱毛とワキ脱毛が完了できる!
 歴史ある老舗エステサロンなので誇れる技術力

しっかり脱毛するならキレイモ

エピカワおすすめ度4.5

KIREIMO

公式サイトはこちら

キレイモなら、施術範囲が顔から足先まで全身脱毛が可能。
背中脱毛はもちろんのこと、VIOや顔脱毛もできちゃう!しかも月額プランなら通い放題なので、回数が多くなりがちなサロンでの施術もキレイモなら安心!満足いくまで通えます。
せっかくの機会だから、足だけでなく全身つるつるにしたい!という方におすすめです。

キレイモのおすすめポイント

 背中はもちろんのこと、気になるVIOや顔脱毛もできちゃう。
 総勢500名のモデル・タレントが利用する実績のあるサロン
 特注の最新マシンを使用しているため、冷たいジェルの不快感がない
 他サロンに比べ、予約が取りやすい
 オリジナルのスリムアップ脱毛
 安心のドクターサポート付き!
 施術完了部位は料金を割り引いて、あなたに合わせた脱毛プランを提供

 

 

関連記事

効果ある?背中脱毛をしたほうがいい理由

おしゃれをとことん楽しみたい女性が気にしているのが背中のムダ毛。普段着でもドレスアップスタイルでも服

記事を読む

背中脱毛 何回

うぶ毛だから回数かかる?背中脱毛について教えて!

すっきりと美しい背中は女性の憧れ。きれいに脱毛して背中のあいたドレスに挑戦したいと考えている人も多い

記事を読む

no image

背中脱毛のお試しプラン!どんなのがある?

初めて利用する脱毛サロンで、すぐにコースの契約をするのは心配な人が多いかもしれません。脱毛を始めてか

記事を読む

no image

お値段相場はおいくら?サロンやクリニックでの背中脱毛

キレイな背中を目指したいけれど、脱毛にどれくらい費用がかかるのか気になるという方も多いこ

記事を読む

no image

ちょっとでも得したい!背中脱毛のキャンペーンってある?

自分でできる脱毛の箇所と言えば、腕や脚、両わきなどがあります。とりあえずその部分だけでもキレイにして

記事を読む

PAGE TOP ↑