不安を解消したい!クリニックでの脇脱毛大分解

 今月のおすすめキャンペーン 
サロン キャンペーン 公式
NO.1 キレイモ 初月分無料 公式
NO.2 脱毛ラボ 15カ月無料 公式
NO.3 C3 9ヶ月無料 公式

⇒なんで一位がキレイモなの?

脇の脱毛をしようと思ったとき、サロンにするかそれともクリニックにするか、どちらを選ぶべきか迷ったことのある人はいませんか。サロンではリーズナブルな価格で脱毛ができるキャンペーンを行っていることも多く、気軽に始めやすいですよね。一方で、より本格的なケアをするならとクリニックでの脱毛に興味を持っている人も少なくないでしょう。そこで今回は両者の違いを比較し、脇脱毛にクリニックがおすすめの理由についてご紹介します。

めいさん
この記事を書いているのはこんな人:
サロン経営者Mei

Meiの経歴

    都内で脱毛サロンを経営しているアラサーのバリバリキャリアウーマン。日々他サロンを研究しながら、自店舗をより良いサロンにしていけるように奮闘中。他サロンに潜入調査や、電話インタビュー等も行っていて、暴露ネタ満載です…ふふ♪

脱毛初心者… はじめての脇脱毛の人はクリニックがおすすめ

クリニックとサロンの最大の違いは、クリニックは「医療機関である」ことです。施術にあたる看護師や医師は医療従事者であり、脱毛だけでなく身体全般の専門知識を持ったプロフェッショナルたちです。脱毛に関して何か不安なことがあれば納得のいくまで相談ができますし、施術前には肌や身体の状態を丁寧に確認してくれます。

もちろんサロンでもしっかりとカウンセリングを行ってはくれますが、対応にあたるのはエステティシャンです。エステティシャンにもいろいろと資格はありますが、脱毛を行うために絶対に取らなければいけない資格があるわけではなく、実は誰でも施術することができます。サービス向上のために研修や教育は行われていますが、専門性の高さという点ではクリニックには及ばないのではないでしょうか。何かトラブルが起きたときにもその場で処置してもらうことが可能ですから、より安心して脱毛をすることができるはずです。 また、麻酔が使えるのも医療機関ならではのメリットです。

サロン、クリニックのいずれの場合でも脱毛の際は痛みを伴うことがあり、人によっては強い痛みを感じることもあります。クリニックであれば麻酔クリームを使って痛みを和らげてもらえることがありますので、快適に脱毛を続けられるのではないでしょうか。

脇毛が深いのが悩み… そんな人はクリニックがいい!

加えて、より強い出力で施術をしてもらえるのもクリニックの特徴です。サロンでは一般的にフラッシュライト(光)脱毛と呼ばれる脱毛方法が採用されていることが多いですが、これは毛母細胞に熱をあてて発毛を抑える脱毛方法です。毛母細胞とは毛の発育をコントロールする細胞で、ここに熱を加えて破壊することで毛の成長を抑制するのです。クリニックで行われるレーザー脱毛も根本的なメカニズムは同じですが、毛母細胞に加わるパワーがフラッシュライトとは違います。フラッシュライトから出る光の波長はバラつきがあり、あちこちに広がってしまいパワーも拡散しがちです。

それに対し、医療用レーザーは波長がまっすぐで、施術箇所に集中的に熱を集めることができるため脱毛効果が高いといわれています。毛が太く濃い人でも効果を実感しやすく、悩み解消に役立ってくれるでしょう。自己処理を繰り返しザラついた肌に悩む人も、レーザーで繰り返し脱毛していくことで徐々に毛が目立たなくなり、毛穴の目立たないキレイな肌が目指せるはずです。

肌が弱いけど脇脱毛したい… 一度クリニックで相談してみて

しかし、敏感肌や乾燥肌など、肌にトラブルを抱える人の場合、レーザーの施術に耐えられるのかどうかと不安になる人もいるでしょう。効果が出ても肌を傷めてしまってはキレイを手に入れるのは難しいのではないかと考える人がいてもおかしくはありません。しかし、対応にあたるのは国家資格を持った医師や看護師、その中でも肌の専門家である皮膚科医です。患者ひとりひとりの肌の状態を見極め、レーザーの出力を調整するなどそれぞれに合った施術を提案してくれます。肌荒れがあっても脱毛できるのか、脱毛する場合には施術後にどんなケアが必要になるのかとプロの目から判断し、アドバイスをしてもらえます。 肌に不安がある人の場合、繰り返し自己処理を行う方がリスクを伴うこともあります。

カミソリや毛抜きなど、扱いを間違えれば肌を傷つけることがありますし、埋没毛の原因も作りかねません。クリニックで適切な脱毛をしてもらったほうが、肌への負担が減らせるのではないでしょうか。もし施術中に肌にトラブルが起きても、その場で適切な処置をしてもらえます。サロンの中には医療機関と連携しているところもありますが、すぐに専門的な処置をしてもらえるわけではなく、医療機関を紹介されるだけです。対応のスピード感はクリニックには及びませんから、より安心安全を求める人にはクリニックがおすすめといえます。

脇脱毛に何年もかけたくない… それならやっぱりクリニック!

なるべく早く脱毛の効果を実感したい人にも医療レーザー脱毛はおすすめです。1回のパワーがフラッシュライト脱毛よりも強い分、効果も出やすいといわれているからです。一般にサロンの場合は1つの部位につき1年半~2年通うことを前提にしています。

たとえば人気の脱毛サロン、ミュゼの場合を見てみましょう。ミュゼの場合、毛の生え変わるサイクル「毛周期」に合わせて2~3ヶ月に1回の来店を推奨しています。それに対し、効果の出方は「4~6回程で自己処理が楽になり、8~12回程でムダ毛の心配がいらなくなる方が多い」とホームページに記載されています。

仮に2ヶ月に1回のペースで通い、12回目まで施術を続けたら丸2年かかることになります。3ヶ月に1度の間隔なら3年かかることになりますので、効果を考えるときには長い目で見なければならないでしょう。対して、湘南美容クリニックの場合はどうでしょうか。
脱毛の間隔はサロンと同様、2ヶ月程度を推奨しています。効果に関してはホームページの「よくある質問」の中に「1回の照射で2割から3割前後の脱毛効果があり、7回位で8割以上毛がなくなる場合が多い」と説明があります。半分程度の回数、期間で効果を実感しやすく、スピード感を持って脱毛をしていけるといえそうです。

今では通い放題のプランのあるクリニックや、打ち漏れがあったときに対応してくれるクリニックもあります。なるべく早く、効果的に脱毛をしていきたいと考えたら、クリニックを検討するべきかもしれません。

クリニックのレーザーにはどんな種類があるの?

医療用レーザーといっても、使われている機器はクリニックによって違います。それぞれ特徴があり、中には複数の機器をプランによって使い分けているクリニックもあります。ここでは、クリニックでよく使われている3つのレーザーについてご紹介します。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーはアメリカのFDA(日本でいう厚生労働省)にその安全性を認められている脱毛機で、クリニックでよく使われています。細い毛や産毛にも反応してくれるので脱毛効果が高く、日焼けした肌にも使えるのが特徴です。フラッシュライト脱毛の場合は光が毛母細胞のメラニン色素に反応するため、日焼けをして肌が黒くなると脱毛ができなくなることがあります。ダイオードレーザーはその心配がないので、うっかり日に焼けてしまっても継続的に脱毛を続けられます。また、照射時間が従来の脱毛機より短く、そのため痛みが少ないといわれています。

アレキサンドライトレーザー

ダイオードレーザーと並んで、よく使用されているのがアレキサンドライトレーザーです。アレキサンドライトという宝石を使い、メラニン色素に反応して脱毛をしていきます。照射の際にジェルではなくて冷却ガスや冷却風を肌に吹きつけ、冷やしながら脱毛するので肌への負担を軽減できるのが特徴です。また、肌にハリが出たり、毛穴が引き締まったり、肌にうれしい効果もあります。黒ずみが気になる脇におすすめです。

ヤグレーザー

ヤグレーザーは従来の脱毛機より深い部分に熱が届きやすく、太く濃い毛にもアプローチしやすい脱毛機です。深部の毛根まで波長が届くので肌表面が日焼けしていても照射することができ、美容効果も認められている脱毛機ですので、より美しい肌が目指せます。

脇脱毛をクリニックで行うデメリットはあるの?

サロンの脱毛より効果を感じやすく、少ない期間で脱毛を終えられる医療用レーザー脱毛ですが、他にもサロンとの違いはあります。その中にはデメリットと感じられてしまう点もあることがありますので、1つ1つ確認していきましょう。

クリニックでの脇脱毛デメリット1.金額が高い

サロンと比較した場合、クリニックでの脱毛は値段が高くなることがほとんどです。サロンではキャンペーンをやっていれば脇脱毛が数百円で受けられることもあり、気軽に始めやすい価格設定がされています。しかし、サロンとクリニックでは使われている脱毛機が違い、効果にも違いがありますから、価格に差が出るのは当たり前のことといえます。

医療用レーザーなら永久脱毛ができますが、サロンの脱毛機でできるのは「一時的な減毛」であり、時間を置けばまた毛が再生されます。毛が生えなくなったと感じるのは定期的にサロンに通うことで「一時的な減毛」を繰り返しているからであり、脱毛をやめれば再びムダ毛に悩まされることになります。長い目で考えれば、永久脱毛が可能なクリニックでの脱毛の方がコストパフォーマンスに優れていると考えられるでしょう。

また、最近ではクリニックでも良心的な価格で脱毛を行っているところもあり、医療用レーザー脱毛を検討しやすくなっています。

クリニックでの脇脱毛デメリット2.火傷の可能性

出力が強い分、肌への負担が大きくなることもデメリットとして挙げられます。そもそも熱を与える脱毛方法なので、正常に施術が終わったときでも肌は軽い炎症を起こした状態になります。通常なら数時間で治まってきますが、肌の弱い人や日焼けをしているときなど、炎症が悪化してヤケドになってしまうリスクがあることは否定できません。もちろんトラブルを起こさないよう医師や看護師は最大限の注意を払っていますが、リスクが0ではないことは覚えておきましょう。 しかし、これは医療用レーザー脱毛に限らず、同じように熱を利用するフラッシュライト脱毛でも同様のリスクがあるといえます。もしものときのことを考えたら、適切な処置をしてもらえるクリニックの方が安心かもしれません。

クリニックでの脇脱毛デメリット3.肌トラブルの危険性

ヤケドのほかにもさまざまな肌トラブルのリスクがあります。たとえばレーザーをあてると一時的に肌がダメージを受けた状態になり、バリア機能が低下しやすくなります。そこに毛穴から細菌が入り込むと正常にバリアが働かず炎症を起こし、毛のう炎を引き起こしてしまうことがあります。あるいは増毛化・硬毛化など、毛そのものに変化が現れることもあります。増毛化と硬毛化の原因はまだ解明されていませんが、一般的には脱毛の照射により普段休んでいる毛に刺激が与えられ、毛根が活性化されるせいではないかといわれています。レーザーだけでなく、フラッシュライトでも起こりえることですが、万が一に備えてトラブル発生時の対応や保証などがしっかりしているクリニックを選んで脱毛するようにしましょう。

まずはクリニックの脇脱毛、無料カウンセリング受けてみて!

クリニックでの脱毛に興味がある人は、まずは無料カウンセリングを受けてみましょう。プロの目線から、あなたの肌や身体の状態に最適な脱毛を提案してくれるはずです。脱毛のメカニズムやメリット・デメリット、料金について詳しく聞いてみれば、納得して脱毛を始められるのではないでしょうか。 サロンとクリニックでは異なる脱毛が行われており、それぞれ特徴があります。医療用レーザーは医療従事者しか扱うことができず、高い出力で脱毛を行う分効果も出やすくなります。

医師や看護師に対応してもらえるので安心感もあり、価格が高くても満足のいく脱毛を目指せるでしょう。

 

関連記事

no image

年頃だし… 高校生だからこそ脇脱毛はやっておきたい!

高校生にもなると、ほとんどの女の子が脇のムダ毛に悩む年頃です。電車通学で吊革に手をかけ他人から脇を見

記事を読む

no image

人気の脇脱毛!おすすめランキング!

街中には多くの脱毛サロンやクリニックがあり、広告を目にする機会は多いですよね。特に脇脱毛はキャンペー

記事を読む

no image

脇脱毛がおすすめの理由とサロンの選び方のコツ

女性が気にしているムダ毛のトップ3に入るのが脇毛です。自己処理を繰り返した結果、黒ずんだり、黒いプツ

記事を読む

ワキ脱毛の回数は毛質や毛量で変わる?

脱毛サロンでワキ脱毛をしたいけれど、どれくらい効果があるのか、どれくらいの回数通うのかわからず不安を

記事を読む

no image

未成年が脱毛するために注意するポイント【中学生、高校生、大学生】

ムダ毛を気になるのは10代だって同じです。中高生なら運動するときに肌を出すことになりますし、大学生な

記事を読む

PAGE TOP ↑