脱毛ラボの痛みについて、事前に知っておきたい!

 今月のおすすめキャンペーン 
サロン キャンペーン 公式
NO.1 キレイモ 初月分無料 公式
NO.2 脱毛ラボ 15カ月無料 公式
NO.3 C3 9ヶ月無料 公式

⇒なんで一位がキレイモなの?

脱毛サロンの脱毛には興味があるけれど、施術のときの痛みがどれくらいかがわからないから思い切れないという人が少なくありません。いくら自己処理するよりきれいに仕上がっても、ムダ毛の数だけ痛い思いをするのであれば躊躇するのも仕方がないところです。しかし、そんなに痛いのであれば、脱毛サロンで脱毛を受ける人などいるでしょうか。そこで、予約が取りやすくて通いやすいことで評判の脱毛ラボを例に、脱毛の際の痛みについて解説します。

めいさん
この記事を書いているのはこんな人:
サロン経営者Mei

Meiの経歴

    都内で脱毛サロンを経営しているアラサーのバリバリキャリアウーマン。日々他サロンを研究しながら、自店舗をより良いサロンにしていけるように奮闘中。他サロンに潜入調査や、電話インタビュー等も行っていて、暴露ネタ満載です…ふふ♪

脱毛ラボの痛みは?レーザーと比べると?

脱毛ラボの脱毛方式は光脱毛という方式です。光脱毛は医療レーザーを使うことができないエステサロンや脱毛サロンで主に用いられる脱毛方式で、さまざまな波長の光を比較的広い範囲に照射して脱毛します。医療機関で受けられる医療レーザー脱毛と比べると脱毛の力は弱いものの、施術時の痛みや身体への負担が少ないのが特徴です。

出力自体が医療レーザーよりも低く抑えられているため、肌へのダメージが小さく、痛みも少なくて済むため、肌がデリケートな人や痛みに弱い人でも脱毛を受けることができる点はメリットといえます。ですから、肌への刺激が小さな脱毛サロンの光脱毛でも痛みに耐えられないという人は、痛みが強い医療レーザー脱毛を受けることはまず無理と言えます。もし、エステサロンで脱毛するか医療機関で脱毛するか迷っているとのであれば、まずはお試しででも光脱毛の痛みがどれくらいなのか、耐えることができるかを体験してみた方がよいでしょう。

いきなりレーザー脱毛にチャレンジして、耐えられない痛みに我慢しなくても済みますし、お金を無駄にせずに済みます。特に、脱毛ラボの光脱毛は痛くないと評判ですから、痛みに強くないというのであれば、脱毛ラボの光脱毛で挑戦するのがおすすめです。

脱毛ラボは痛くない光脱毛

エステサロンや脱毛サロンで用いられる光脱毛も、光の種類や出力、使用するマシンの性能などによってどれくらいの痛みになるか差が出ます。ですから、痛みを気にするのであれば、どこで受けるかを真剣に考えた方がよいでしょう。数ある脱毛サロンの中でも特に脱毛時の痛みが少ないことで知られているのが脱毛ラボです。なぜ痛みが少ないのかと言うと、従来型の光脱毛IPLではなくS.S.Cという方式が採用されているからです。

IPL(インテンス・パルス・ライト)

IPLとはインテンス・パルス・ライトの略で、メラニン色素など黒いものに反応する光です。IPL脱毛では、直接毛根の組織に熱を加えて破壊するため、チリッと軽い痛みを感じることになります。

S.C.C(スムース・スキン・コントロール)

脱毛ラボで採用されているS.C.Cはスムース・スキン・コントロールの略で、光に反応する特殊なジェルを肌に浸透させた後、クリプトンライトの光を照射することで脱毛を行います。ジェルを塗ることによって、弱い光でもきちんと反応するため、効率がよく肌へのダメージを防いで施術することができます。

もちろん、痛みに強い人と弱い人がおり、痛みの認識には個人差があります。ですから、絶対に痛みを感じないとは言いかねますが、脱毛ラボで痛くて受けられないというのであれば、他の脱毛サロンで受けるのは無理ということだけは間違いないでしょう。そのくらい、S.C.Cは肌への負担も痛みも軽減された脱毛法です。

脱毛ラボでも痛む部位は?

いくら痛みを感じにくい脱毛ラボのS.C.C脱毛でも、絶対に痛みを感じないかというとそう言い切れない部分はあります。なぜなら、痛みの感じ方には個人差があるからです。軽い刺激でもその刺激を痛いと感じてしまう人がいるため、絶対に痛くないとは言いかねるわけです。例えば、次のような部位は脱毛ラボでも痛みを感じることがあるかもしれません。

  • VIO
  • うなじ
  • ひじ
  • ひざ

VIOや脇、うなじは皮膚がデリケートな部位でありながら、毛が濃く生えています。毛が濃いとその分光に反応する毛根の数も多くなるため、感じた刺激を痛みと認識する場合も出てきます。一方、ひじやひざは皮膚のすぐ下に骨があることが痛みを感じやすい理由です。しかし、いずれもレーザー脱毛やIPL脱毛ならまず間違いなく痛みを感じる部位ですが、S.C.C脱毛の場合には痛みを感じる人もいるという程度です。

特にIラインの脱毛は、粘膜ギリギリのところまで照射すると肌へのダメージが大きいこともあり、施術を受けるサロンの技術力によって痛みに大きな差が生じます。粘膜部分を傷めてしまうと照射直後だけでなく、しばらく痛みが続くことになりますが、脱毛ラボのS.C.C脱毛ならジェルを塗った部分にしか光が反応しません。ジェルの冷たさを嫌う人もいますが、肌へのダメージが少なければその分痛みを感じる可能性も少なくなります。痛みを感じやすい部位でも、他の脱毛サロンよりは小さな痛みで施術できるのが脱毛ラボの魅力です。

毛が濃い部位は痛いけど効果も抜群!

毛が濃い部位は毛が薄い部位よりも脱毛効果は表れやすいと言えます。毛が濃い部位の方が、毛が抜けたときに地肌が見えると目立つからというのも一理ありますが、それだけではありません。効果を実感しやすいそれは、毛が濃い部位の方が光の反応するメラニン色素が多いからです。脱毛で照射する光はメラニン色素に反応するため、毛の濃い部位の方が毛の薄い部分よりも照射した光に反応しやすく、脱毛の効果も表れやすいのです。

ただし、毛が濃い部位は痛みを感じやすい部位でもあります。光に反応するときの刺激を痛みと感じるからです。もし、痛みを感じるだけで脱毛の効果がほとんどわからないのであれば、いくら痛みが小さくても受けたくなくなってしまうかもしれません。しかし、多少痛みが感じられても、目で見てはっきりとわかるような効果も期待できれば、痛みを我慢する甲斐はあるはずです。

その点、毛が濃い部分は効果がはっきりと表れやすいので、慣れれば痛みは気にならなくなってきます。毛が濃い部分で脱毛時の刺激に慣れておけば、後で肌がデリケートな部分の脱毛をしても、刺激を痛みとは感じにくくなります。その点でも、脱毛効果がはっきりと出やすい毛の濃い部分の脱毛で、光を照射したときの刺激に慣れておいた方がよいかもしれません。

痛みってあとに残らない?

脱毛の痛みは光を照射したときのものよりも後に残る痛みの方が心配という人もいます。レーザーや光の照射によって肌が大きなダメージを受けた場合には照射時や照射直後だけでなく、数日間痛みが残る場合がありますが、脱毛ラボのS.C.C脱毛は肌へのダメージが少ない脱毛法です。特殊なジェルに光を当てたときに発生する温熱で、毛穴から成分を浸透させて抑毛を促すという方法ですから、肌に直接ダメージを与えません。

つまり、肌にダメージが残らないのですから、後になって痛みが出てくるような心配はないわけです。また、脱毛ラボでは、刺激の少ない脱毛法にもかかわらず、照射後のクールダウンもしっかりやってもらえます。レーザー脱毛も光脱毛も熱が発生するため、クールダウンをしっかりしておかないと、肌が軽いやけどを負った後のような状態になってしまいます。

特に、肌へのダメージの大きい脱毛法で脱毛をした場合には、クールダウンをしっかりしておかないと、痛みが残るだけでなく、色素沈着なども残ってしまいます。その点、脱毛ラボはもともと肌への刺激が少ないうえに、照射後の処理も丁寧にやってもらえます。ですから、たとえ照射時に痛みを感じたとしても後に痛みが残るようなことはありません

自己管理次第で痛みを軽減できちゃう

脱毛ラボで脱毛を受ける場合に限らず、自己管理をしっかり行えば痛みを軽減することはできます。肌への刺激を痛みとして感じるわけですから、肌にトラブルが起きている状態だと痛みを感じやすく、感じた痛みも長引いてしまいます。ですから、痛みを軽減するためには、肌の状態を整える必要があります。

スキンケアと言うと顔を中心に行いがちですが、脱毛サロンで施術を受けるのであれば、脱毛する部位のスキンケアも顔と同じくらいしっかりやっておくことが大事です。例えば、乾燥肌は痛みを感じやすく、脱毛時の痛みも長引かせてしまいます。また、肌荒れや日焼けも肌表面がトラブルを起こした状態ですから、乾燥肌同様に痛みを感じやすい状態です。

これらのトラブル肌を解消するために最も大事なのは保湿です。脱毛後だけでなく、普段から化粧水などで保湿してからクリームなどでふたをして潤いが逃げないようにしておきましょう。乾燥を防ぐようにするだけで、脱毛時の痛みも感じにくくなります。

施術を繰り返せば弱くなってく痛み!

脱毛サロンでの施術は1回きりではありません。何度か繰り返し受ける必要があります。ですから、施術時に痛みを感じてしまう人は、何度も同じような痛みを感じるのは嫌だと思うでしょう。しかし、何度か施術を繰り返せば痛みは弱くなっていくので安心してください。施術時の刺激に慣れるから痛みを感じにくくなるという面もありますが、それだけではありません。

脱毛を繰り返すと、目で見てもはっきりわかるくらい毛の太さが変わってきます。毛が細くなれば刺激も小さくなり、痛いとは感じなくなってきます。もちろん、我慢できないような痛みを感じたときには遠慮せずにスタッフに伝えてかまいません。出力を抑えて痛くないレベルで照射してもらえます

出力を弱くするとその分効果が表れるまで時間がかかってしまいますが、我慢できないような痛みを感じながら脱毛したのでは最後まで続けられません。もし我慢できない場合には、我慢できる程度まで出力を下げて照射してもらうようにしましょう

スタッフが声をかけてくれるから安心して

痛みに弱いけれど脱毛してみたいという人は、脱毛ラボの脱毛を試してみてはいかがでしょうか。脱毛ラボの脱毛方式は、脱毛サロンの中でも特に痛みを感じにくい方式が採用されています。もちろん、痛みの感じ方には個人差があるため、刺激を痛みと感じることがあってもおかしくはありません。

そのことは脱毛ラボのスタッフも理解していますから、施術しながら痛くはないか声をかけてくれます。もし、痛みを感じたときにはきちんと対応してもらえますし、施術後のケアもしっかりしてもらえますから、安心して施術を受けてみましょう。

脱毛ラボ
エピカワおすすめ度3.5

  • こんな人におすすめ!
  • 格安で全身脱毛したい人

脱毛ラボの公式を覗いてみる

 

関連記事

no image

少ないほうがありがたい!脱毛ラボに通う回数まとめ

脱毛ラボは、一般的な脱毛サロンよりも短い期間で脱毛を完了できるという点が人気です。最新型の脱毛器の導

記事を読む

no image

脱毛ラボの紹介制度… 使わなきゃ損!

世の中には脱毛してみたいけどきっかけがないと感じている女性は案外多いはず。周りを見てみたら、脱毛に興

記事を読む

no image

脱毛ラボのキャンペーンって充実しすぎじゃない?おすすめのキャンペーンまとめ

せっかく脱毛サロンで脱毛するなら、少しでもお得に脱毛したいですよね。完了まで時間がかかる脱毛ですから

記事を読む

no image

脱毛ラボで施術を受けたいから!vioについて質問!

脱毛をプロの手に任せたい部位と言えば、やはり自己処理の難しい部位を選ぶ人が多いのではないでしょうか。

記事を読む

no image

わからないことは聞いてね!脱毛ラボの無料カウンセリング

脱毛ラボで脱毛を受けてみたいと思ったら、最初にするのはカウンセリングの予約申込みです。脱毛サロンなら

記事を読む

PAGE TOP ↑